佐藤康行公式ブログ|人の心と宇宙意識~真我の覚醒

満月の法則|まんまる満月理論~人は心の結晶体

*

心のハンドルを握ろう

      2017/04/18


いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位を維持しております。心より感謝いたします。

今、ランキング何位?
   ↓  ↓  ↓  ↓
下記のバナーもクリックしてランキングの順位をご確認ください。
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ


宇宙意識が今のあなたの運命を最高のものにする!

こんにちは、佐藤康行です。

いつも悩んでいる人というのは、自分の心のハンドルを握っていない人なんです。天は自分の裁量も与えてくれているんです。

「ここまでは天の裁量だけど、ここから先は自分で決めなさい」という自由が与えられているんです。
 
それはどういうことかというと、例えば、いま逆境と思われるような状態にいたとしても、その状態を「これでいいんだ!」と思うこともできるということです。

(落ち込んでいるけど、確実に前よりは良くなっている)と思うことだってできるはずなんです。それが心のハンドルを握るということです。

「昨日は楽しいことがあったからルンルンだったのに、今日は変なことを言っちゃって急に落ち込んでしまいました」というのは、ハンドルを握っていない証拠なんです。

(あのときのミスも自分にとっては必要なんだ。あの出来事が、自分のいままでの人生の縮図を見せてくれたんだ。ああ、これで勉強になったからよかったんだ!)。

そのように意識することもできるんです。それがハンドルを握るということです。
 
自分自身の心というハンドルを、自分で操作できるようにならないといけないんです。自分のハンドルを持たず、全部を出るに任せてしまうと、フラフラッとして自分を自分でコントロールできなくなってしまいます。
 
自分で自分の心というハンドルはちゃんと持っていないとね。
 
落ち込んでしまうと、家族や身近な人をはじめ、まわりの人たちに迷惑をかけてしまうじゃない。

イチイチ落ち込むんじゃなくて、「これでよかったんだ!」とパッと言えたら、それはまわりの人たちへの愛でもあり、思いやりでもあるんです。

「これでよかったんだ!」とまず言ってみる。そうして(これからは、そこに気をつけよう)と思えたら学びになります。全部学びになるんです。

だから、何が起こっても「これでよかったんだ!」って言えばいいんです。それが、ハンドルを握るということです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位を維持しています。皆さまのお陰です。
本当にありがとうございます。心より感謝いたします。

一人でも多くの方のお役に立つためにランキングに参加中です。
バナー2つをそれぞれクリックしてランキングにご協力ください。
   ↓  ↓  ↓  ↓
下記のバナーもクリックしてランキングにご協力ください!
   ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

 


 - たった2日で“まんまる”

  関連記事

教育による弊害
本当の宗教とは

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

宝の山
コンプレックスやハンディは財産

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

宇宙のシステム
意識が変われば、モノの見方も変わり、人格までもが変わる

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

癒し
事実とは関係なく、幸せと思える心があれば幸せ、不幸せと思えば不幸せ

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

宿命と運命
テロから奇跡的に難を逃れた実話

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

無敵の世界
私は素晴らしいというのが一番謙虚

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

癒し
永遠の命を悟る

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

執着心
誰もが愛の塊

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

引きこもりをもつ親へ
“一切皆苦”と“即身成仏”2

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …

落ち込んでいる時こそチャンス
問題の核心に向かえば、心配は消える

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。 お陰さまで、ランキング上位を …