佐藤康行公式ブログ|人の心と宇宙意識~真我の覚醒

満月の法則|まんまる満月理論~人は心の結晶体

真我瞑想【理論編】真実の認識「無い」

calendar

いつもご覧下さりありがとうございます。
下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

(毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

宇宙意識が今のあなたの運命を最高のものにする!

こんにちは、佐藤康行です。

あなたはこのブログをどこでお読みですか。あなたの視界には何が見えますか。自宅の室内であれば家具や壁が見えるでしょうし、オフィスであればデスクや電気スタンドなどが見えるでしょう。

あなたは今、周囲から何を感じていますか。そこは明るいですか。それとも暗いですか。暑いですか、寒いですか。どのような音が聞こえますか。どのような香りがしますか。

あなたが五官を通して感じる世界は、実はすべて幻だと言ったらどうでしょうか。ほとんどの人が多かれ少なかれ、不安を感じることと思います。でも、世界は幻、それが事実です。

たとえば、あなたの目の前に一つのグラスがあるとします。そのグラスは実は幻です。

そのグラスを一千万倍の電子顕微鏡で拡大して見たとき、そこに見えるのは一面に並ぶ原子です。仮にさらにその一万倍の倍率の顕微鏡で見たとすれば、原子核を中心に広大な空間が広がっているのが見えるはずです。

さらに、その一万倍、その一万倍と倍率を上げていくと、最終的には何も見えなくなってしまいます。ただ空間が広がっている。

こうして考えると、一つのグラスが存在するということが甚だ心許ないことのように思えてきます。

実際にあなたの目に見えている世界とは、さまざまな外的・内的な条件によって現れている形、つまり現象にすぎないのです。

このことを、イギリスの哲学者バークリーは「存在するとは、認識されているということである」と言い、ドイツの哲学者ショーペンハウアーは、「世界とは、私の表象である」と表現しています。仏教では、三界唯心と言います。

もし仮に、五感がなければ、私たちは物質的な世界を捉えることができません。

逆に言えば、私たちにとって物質的な世界は、五感によって初めてそれとして現れるものなのです。

この私たちの認識能力が世界を成立させるという関係は、五感のレヴェルに限らず、あらゆる世界認識について当てはまります。

例えば、最も高度で繊細な世界認識のひとつと考えられる他人の認識(心理学ではこれを対人認知と呼びます)においても、同じことが言えます。

周囲に気に入らない人や好きになれない人がいる場合、その人の嫌な感じというのは、私たちがその人に対して勝手に付け加えているものにすぎないのです。

対人認知の分野で、次のような実験がよく行われます。

被験者に、初対面の人に会わせてその人の印象を評価させるという実験です。

ただし、被験者をグループにわけ、グループごとに会わせる人についての事前情報を変えるのです。

つまり「これから会う人は○○な人だ」というメモの、○○の部分を様々に変えて、会ったときの印象に対する事前情報の影響を測定するわけです。

多くの実験において、事前情報が印象に大きな影響を及ぼすという結果が出ています。事前に「いい人だ」という情報を得ていると良い印象を、「嫌な人だ」という情報を得ている場合、悪い印象を抱くのです。

このように物体の形状の認識のような基礎的なレヴェルから、他人の印象の認識のような高度なレヴェルまで、私たちにとっての世界は、心の現われにすぎないのです。

イギリスの哲学者F・ベーコンは、私たちの心の状態が世界像に反映する事態を、世界の正しい認識を妨げる四種類の先入見(=イドラ)を挙げることによって描き出しました。

ベーコンが掲げた四種類の先入見(=イドラ)は、それぞれ種族のイドラ、洞窟のイドラ、市場のイドラ、劇場のイドラです。

種族のイドラは種族に共通の先入見です。ここで種族という言葉によって念頭に置かれているのは、人類という種族です。

このイドラは、人類が自らの種族の特徴を他の種族や、無生物や超自然的存在などに勝手に当てはめてしまうことによって生じます。いわば世界全体を擬人的に把握してしまう原因が、このイドラです。

洞窟のイドラは個人に特有の先入見です。国家や地域社会はもちろん企業等社会団体の慣習などにはそれぞれ特有の広義の文化があります。

こうした自分が所属する団体の文化や自分の好みや流儀を他に当てはめることによって生じるのが、このイドラです。洞窟のイドラが独善や差別の原因になります。

市場のイドラは人々の間での言葉の誤用によって生じる先入見です。噂やゴッシプを信じ込むことによって生じる偏見がこれです。

劇場のイドラは権威の濫用から生じる先入見です。偉い人が言っていることを真実だと思ってしまう。あるいは、テレビショッピングで有名人が薦める商品を良い物だと信じ込んでしまう。これらは、すべて劇場のイドラの仕業です。

ベーコンはこれら四つのイドラを取り除くことで真理に辿りつけると考えました。では、私たちもベーコンに倣って、先入見を取り除いていくことにより、私たちが目指す「無い」という真実に向かいましょう。

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

それではまた明日お会いしましょう。

folder 5.神のメッセージ[宇宙の法則]

真理の受け止め方 パターン5
真理の受け止め方 パターン4
more...

folder 10.なぜ本気で自分を活かさないのか

分離から調和に向かうビジネスが発展する時代になる
もともと一ツ
more...

folder 11.生き方教室

人生を好転させる言葉
輪廻転生をどう捉えるか
more...

folder 19.このワンフレーズがあなたの運命を変える1 本当の自分~心編

私たちは起きながら夢を見ている
人間は記憶でできている!
more...

folder 21.このワンフレーズがあなたの運命を変える3 人づきあい・出会い編

「成功」「幸せ」を掴む方法とは?
最高の自分を引き出す心のスイッチの入れ方
more...

folder 22.このワンフレーズがあなたの運命を変える4 成功・運を拓く編

言葉には心を変える力がある|心のスイッチの入れ方
運命を切り開く最善の方法とは?
more...

folder 23.このワンフレーズがあなたの運命を変える5 仕事・お金編

真我瞑想の目的と仕組み
心を変える最良の方法とは?
more...

folder 24.このワンフレーズがあなたの運命を変える6 親子・夫婦・家庭・子育て編

仕事を通して心を成長させ、成功や実績を残してきた
すべての問題を解決する方法とは?
more...

folder 26.遺伝子とサムシンググレートは教える

遺伝子とサムシンググレートは教える
more...