佐藤康行公式ブログ|人の心と宇宙意識~真我の覚醒

満月の法則|まんまる満月理論~人は心の結晶体

私にとって一番辛かった過去とは

calendar

いつもご覧下さりありがとうございます。
下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

(毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

宇宙意識が今のあなたの運命を最高のものにする!

こんにちは、佐藤康行です。

ここでは、私の過去の体験をお話しいたしましょう。

北海道で生まれ育った私は、14歳の時に母を脳出血で亡くしました。

三日三晩、母の遺影を抱きかかえながら、わんわんと泣き明かしました。

近所の人も見るに見かね「康行ちゃん、かわいそうに……」と声をかけてくれるのですが、それが精一杯の様子でした。

けれど、それも今思うと、それでよかったのです。

中学生の時に最愛の母が死んだ、という動かせない事実。

でも、それでよかった。

なぜなら、私は母が死んだおかげで、早くから自立することが出来たからです。

死んだおかげ、という表現は変ですが、しかし、母の死がきっかけとなって、私は東京へ上京する決意ができたのです。

そして、23歳の時。

今度は、私の実家が父の不注意で火事を出し、全焼失しました。

慌てて駆け付けた私の前には、髪の毛がチリチリに焼け焦げた父が、うつむいて涙を流して立っていました。その火事で、祖母が焼け死んでしまいました。

しかも、父は半年前に火災保険を解約していたので、これから住む家さえなく、為す術もない状態でした。

私も父も呆然としていました。

その時、私には本当に帰る家もなくなったのです。

ですが、それでよかった、と今は心から言えます。

私はそのおかげで、火が点いたようにやる気になったのです。

この家族を、自分が頑張って盛り上げるんだ!

という強い動機が生まれたからです。

それ以後、私の心の火は燃えに燃え、がむしゃらに働きました。

当時していたセールスの仕事でどんどん成績を出します。私は、破竹の勢いで成功し始め、どんどん豊かになっていくのです。

頑張って、頑張って、3年で1千万円という金額を貯めることができました。

これは1970年代のお話ですから、今なら5、 6千万円の価値があります。

その資金で、夢だった小さなレストランを開業し、経営者としての道を歩み始めました。
そして、チェーン展開をして、わずか数年で70店舗まで拡大したのです。

これはつまり、あの時、実家が火事で焼けてしまったからなのです。父がうっかりミスをして火を出した、そのおかげなのです。

だから、ちっとも失敗じゃなかったのです。

結果として、その後の私は稼いだお金を使い、十分に親孝行が出来ました。

いかがでしょう。今の私の例のように、過去は間違いなく変えられます。

では、あなたの場合はどうですか?

あなたの過去に起きた出来事には、実は「いい」とか「悪い」はないのです。すでに終わった出来事が問題なのではない。

それをあなたが「どう捉えるか」が問題なのです。

50代の時に、私は母と同じ脳出血で倒れて、左半身麻痺になりました。

入院中、要介護度が最も重い「5」と認定され、寝たきりになるかもしれない、と言われました。

しかし、今思えば、これもよかった。

なぜなら体が多少不自由になったことで、わかったことがいっぱいあったからです。

・体の自由を補うため、より頭を使うようになった。
・体の不自由な人の悩みを体感することができた。
・効率的な移動方法や仕事方法を考案できた。
・他人に仕事を依頼することが得意になった。

そのほかにも、よかった理由は沢山あります。

今、私は心のことを仕事にしています。心を仕事にするうえで、最も必要なことをすべて、私は身をもって体験することが出来ました。

ですから、強がりではなく、体が不自由になったおかげで、本当にたくさんのことを体験できたことに感謝しているのです。

いかがでしょう? あなたも私の話に同感、共鳴して、過去を肯定しますか?

この本を開いてよかった、と思いますか?

少なくとも私は、過去のこうした体験を、本当に心からよかったと思っています。

これが、もし逆だったらどうでしょう。

もし、母を亡くして、そのことを嘆き悲しんだ私が自暴自棄になり、いつまでも路頭に迷っていたら、私の母は天国から私を見て、泣いていると思います。大切な我が子に幸せになってほしくない親はどこにもいないからです。

だから、若くして母が亡くなったことを「これでよかった」と肯定できることは、一見、変に聞こえるかもしれませんが、ものすごく大事なことなのです。

亡き親が天国からそんな私を見たら、喜んでくれるはずです。

「ああ、私は早く死んでよかったんだ。息子がこんなに立派になってくれたんだから」と。

このように、一見、まったく最悪に見えることでも、実は最高の出来事だった、と変換してあげることが私にはできます。

それが「過去を変えた」ということです。

はっきりと確信をもって申し上げます。

あなたの過去は全部よかったのです。

あなたの身に何が起きようと、すべてよかったのです、あなたの過去は。

過去にどんな裏切りを受けようが、殺されそうになろうが、傷つけられようが、自分が人にしてしまった間違いも、全部よかったのです。

今、胸に手を当てて、

「過去はよかった!」と、あなたは今そう言い切れますか?

そう言い切れたら、すごくいいと思いませんか。

最悪と思っていたそのことによって、よかったことがあるはずです。

あの体験があったからこそ「学びを得て慎重になった」「思慮深くなった」「うまくいく方法を見つけた」というように、よいことがいっぱい出てくるはずです。

ということは、全部よかったということじゃないですか?

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

それではまた明日お会いしましょう。

folder 5.神のメッセージ[宇宙の法則]

真理の受け止め方 パターン5
真理の受け止め方 パターン4
more...

folder 10.なぜ本気で自分を活かさないのか

分離から調和に向かうビジネスが発展する時代になる
もともと一ツ
more...

folder 11.生き方教室

人生を好転させる言葉
輪廻転生をどう捉えるか
more...

folder 19.このワンフレーズがあなたの運命を変える1 本当の自分~心編

私たちは起きながら夢を見ている
人間は記憶でできている!
more...

folder 21.このワンフレーズがあなたの運命を変える3 人づきあい・出会い編

最高の自分を引き出す心のスイッチの入れ方
原点は親にある
more...

folder 22.このワンフレーズがあなたの運命を変える4 成功・運を拓く編

言葉には心を変える力がある|心のスイッチの入れ方
運命を切り開く最善の方法とは?
more...

folder 23.このワンフレーズがあなたの運命を変える5 仕事・お金編

真我瞑想の目的と仕組み
心を変える最良の方法とは?
more...

folder 24.このワンフレーズがあなたの運命を変える6 親子・夫婦・家庭・子育て編

仕事を通して心を成長させ、成功や実績を残してきた
すべての問題を解決する方法とは?
more...