佐藤康行公式ブログ|人の心と宇宙意識~真我の覚醒

満月の法則|まんまる満月理論~人は心の結晶体

すべては最初から完璧である

calendar

いつもご覧下さりありがとうございます。
下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

(毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

宇宙意識が今のあなたの運命を最高のものにする!

こんにちは、佐藤康行です。

このブログで、ほとんどの人が過去に生きていると書きました。

過去の記憶の虜になっている方の多くが「親子関係」や「人間関係」の問題で記憶にとらわれています。

私は、人間関係で悩む人に対してよく、お月様の話をします。

例えば、夜空を見上げて三日月が見えます。あなたはなんだと思いますか?

「三日月」と答えると思います。

しかし、お月様は実際にこのような形をしているのでしょうか?

そうではないでしょう。

本来、月はいつでも満月です。真ん丸なんです。

しかし、地球の上からは、太陽の光の反射具合によって常にそうは見えない。

闇と思っていたところから、月がだんだん膨らんで、三日月になり、半月になり満ちていくように見えるけれど、本当に月がそうなっているわけではないですね?

私たちの目にそう映るだけです。

だから、三日月はあくまでも認識の世界です。

自分の目には見えなくても、実は月はいつも真ん丸です。

これと同じことが人間に対しても言えます。

多くの成功哲学や心理学では、この欠けている部分に何かを足そうとするのです。

「足してやろう」「ここを補おう」と、これでもか、これでもかと教え導いて、満月の形に近づけようとするのです。

これは確かに丸っぽく見えるけど、いびつですね。足した丸は丸になるでしょうか?

いつになったら丸い月になるでしょう?

私はそんなことはしません。なぜなら、月はもともと真ん丸だからです。

人間の存在も元々が真ん丸で、完璧なのです。

だから、足そうとする必要なんてない。それは、足りないという幻を見ているにすぎないのです。

世の中に溢れている成功哲学や自己啓発は、不完全という前提で、少ない物を足してやろうとするものがほとんどです。ですが、それは前提からして間違っているのです。

欠けている点を補うために足していくのは、ほとんど意味がありません。意味のないことを一生懸命教えて、導いてやろうとしても無駄です。

でも、人間の中にある本当の自分という存在は、最初から真ん丸で完璧です。どう見ようが、どうなろうが真ん丸で完璧です。

だから、月も、ひたすら「真ん丸」と信じていると、だんだん真ん丸に見えてくるのです。

真ん丸、真ん丸と言い続けると、やがて真ん丸の姿が見える。なぜなら本当は丸いのですから。真ん丸に見えないからといって、見た目に振り回されないことです。

それを人間に置き換えると、本来ある存在は誰もが完璧です。

他人に対しても「あなたは完璧、完璧、完璧。問題ない」と、一点の曇りもなく、問題ないものとして接することです。

「何の問題もないよ。だってあなたは、満たされてるじゃない」と。

「問題ない、問題ない」と思って接しているうちに、「問題がある」という幻の姿が崩れ、問題のない完璧な姿が現れてきます。

なぜかというと、それが本来の姿だから。

でも、普通は、なかなかそうは思えないのです。

ですから、そう思えなくても、完璧だということを大前提にしていくことが、大切です。
黄金の蔵を思い出してください。

白い○はよいと思われること。黒い●は悪いと思われること。黒い●があったおかげでこれがよくなった、よくなったと、白い○が増えていく。

こうして、よくなることがいっぱい増えてきます。どんどんそれを「これでよかった、これでよかった」と「完璧 愛ポスト」を使って書いていくと、白い○がいっぱい増えます。その結果、相対的に黒い●が小さくなります。

小さくなるだけではないのです。●があったおかげで白い○が増えるのだから、これは黒い●が素晴らしい、ということになります。

ということは、この中でも黒い●が一番素晴らしいことになる。なぜなら、●があったおかげで○が増えていくからです。

さらに「●があったおかげで○がある、●があったおかげで○がある」となるから、自分が黒●だと思っているのに、知らないうちに●が大きな白い○になっていく。

黒い●はなくなるわけです。この黒い●は全部、過去の出来事。

そのおかげで白い○があるから、必然的に過去は自由に変えられるわけです。

だから、三日月というのは、意識の世界の象徴なのです。あくまでも偽りの自分が認識している世界。

本当の姿である生命意識の世界では、月はいつでも真ん丸です。

真ん丸で完璧という絶対的な変わらない存在が人間の中にあるから、白い○は自由に増やせるのです。

これは、どれだけ増やしていってもいい。どれだけ増やしても、元々ある真ん丸で完璧なものに敵わない。なぜなら、どこまで行っても自分が認識していく世界だからです。

だから、過去のことは自由に変えられる。

本当は、変えるというよりも、最初から問題がないのです。

過去も今も問題なし、という完璧な世界に戻してあげるのです。

今日も最後までご覧頂きありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

それではまた明日お会いしましょう。

folder 5.神のメッセージ[宇宙の法則]

真理の受け止め方 パターン5
真理の受け止め方 パターン4
more...

folder 10.なぜ本気で自分を活かさないのか

分離から調和に向かうビジネスが発展する時代になる
もともと一ツ
more...

folder 11.生き方教室

人生を好転させる言葉
輪廻転生をどう捉えるか
more...

folder 19.このワンフレーズがあなたの運命を変える1 本当の自分~心編

私たちは起きながら夢を見ている
人間は記憶でできている!
more...

folder 21.このワンフレーズがあなたの運命を変える3 人づきあい・出会い編

最高の自分を引き出す心のスイッチの入れ方
原点は親にある
more...

folder 22.このワンフレーズがあなたの運命を変える4 成功・運を拓く編

言葉には心を変える力がある|心のスイッチの入れ方
運命を切り開く最善の方法とは?
more...

folder 23.このワンフレーズがあなたの運命を変える5 仕事・お金編

真我瞑想の目的と仕組み
心を変える最良の方法とは?
more...

folder 24.このワンフレーズがあなたの運命を変える6 親子・夫婦・家庭・子育て編

仕事を通して心を成長させ、成功や実績を残してきた
すべての問題を解決する方法とは?
more...

folder 26.遺伝子とサムシンググレートは教える

遺伝子とサムシンググレートは教える
more...

folder 0.佐藤康行からのメッセージ

新しい仕事に違和感を感じている人へ
幸せになる究極の方法とは?
more...