佐藤康行公式ブログ|人の心と宇宙意識~真我の覚醒

満月の法則|まんまる満月理論~人は心の結晶体

35.さゆりさんの体験談

calendar

いつもご覧下さりありがとうございます。
下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

(毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

宇宙意識(真我)が今のあなたの運命を最高のものにする!

こんにちは、佐藤康行です。

私の家族は、父と母、姉と私の四人家族でした。

父は仕事人間で、仕事をしているか、お酒を飲んでいるか、そんな姿しか記憶にありません。

私たち娘には、ほとんど関心が無いようでした。

必然的に、家族の要は母だったのですが、その母も私が中学の時に亡くなってしまいました。

それからの家族は、羅針盤が壊れた船のように、木の葉のように海の上を漂う船のような危うい状態になりました。

だから、私はずっと両親への怒りが消えません。

母は、癌だったのですが、入院して三か月であっという間に亡くなりました。

医者は、母が余命わずかだと父には知らせていたのですが、父は母にも私たち娘にも内緒にしていました。

だから、私は母が亡くなるなんて、全く思っていなかったのです。

父は、母に余命わずかであることを悟られるのを恐れ、病院にも顔を出しませんでした。

それを知らない母は、いつも父を待っていました。

「パパ、今日も仕事かしら……」「パパこないわね。いつ来るのかしら」

そう言いながら、母はいつも父が来るのを心待ちにしていました。

その頃の父は母を見舞いもせず、一人で毎日浴びるようにお酒を飲んでいました。

私は怒りの気持ちで父を見ていました。
 
家には、祖母が来ていて、私達の世話をしてくれていましたが、母のやっていたことを勝手にルール変更してしまうので、他人がずかずかと家に入り込んだようで、私はとても不愉快でした。

私たち姉妹は、母が一刻も早く家庭に戻ってきてくれることばかりを考えていました。

だから、母に対しても「なんでママ、病気になんかなるの?パパはお酒飲んで、おばあちゃんが家に来て、家族バラバラで、もういやよ」と無意識に怒りが出てしまうのでした。

病院からの帰り道。真っ暗になった夜道を、バス停までひとりで歩いた、あの頃。

……あの満たされない気持ちを、今でも鮮明に覚えています。

あの時の私は、自分がどうしたかったのか?

自分の心がどうなっていたのか?

ただただ、行き場のない自分の感情に、振り回されていました。

母は突然、亡くなりました。

あまり覚えていません、その時のことを。感情も思い出せません。

ただ「絶対、泣かない!」と、私はそう思っていました。泣いてたまるもんか!

だって、私は悲しむ資格なんてない。

ママとのお別れを、悲しめるような人間じゃない。

ママに優しく出来なかった自分のような娘は、悲しむことも許されていないんだ。

ただただ、そんな感情がその時の私の心を支配していました。

なんで、パパは何も教えてくれなかったの?なんで、ママは突然いなくなったの?

私、ママに最後の最後まで優しくしなかったじゃない!

ずーっと、心の中でママに怒ってたじゃない!

こんな私は、泣く権利なんかない。

泣いちゃいけないんだ。

泣かない……!

自分の心にガッチリとフタを閉めて、カギをかけて、絶対心が漏れないようにしました。

父の会社の人が、泣かない私を見て「お嬢さんは随分しっかりしていらっしゃって、それだけでも……」なんて話していたけれど。

周りの人は、何にも知らないだけだ。

母が死んで、父はさらに酒浸りになりました。

死んだママのことばかり思って、ただお酒ばかり飲んで……。

もう、ママは死んじゃったのよ!

そんなに寂しいんだったら、なんでママに会いに行ってあげなかったの?

パパは、自分の悲しみに逃げるだけで、目の前にいる娘のことなんて、目に入っていない。

私たちの悲しみなんて、考えてもくれていないのね。

そして、父はついに、アルコール依存症で病院に隔離されました。

「ほら、だからそんなことになるのよ。自業自得よ」

私には、そんなふうにしか思えませんでした。

父は「もう、絶対飲みません」と病院の人に誓って退院した、その足で帰りにお酒を飲んでいるような人でした。

だから、退院しても、またすぐ入院。

娘たちのことなんて、眼中にないんです。あの人は……。

その頃、私たち姉妹は、病院でソーシャルワーカーを名乗る人に「アルコール依存症の家族というのは、自分もアルコール依存症になるか、そういう人を結婚相手に選んでしまうものです。

だから、あなたたちもカウンセリングを受けるように」と言われました。

そして、私と姉は訳も分からないまま、無意味なカウンセリングを受けさせられたのでした。

佐藤先生。だから、私、恋愛も結婚もできないんです。

結婚したって幸せにはなれないと思っています。

恋愛や結婚に、夢が持てないんです。

仕事では、明るく元気にやっています。

けれど、本当の私って何なのか? 何が欲しいのか?

自分がわからないんです。

それで、友人に佐藤先生のカウンセリングを勧められて参加しました。

こんな私でも、大丈夫ですか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

The following two tabs change content below.
過去は自由に変えられる

過去は自由に変えられる

佐藤康行です。今日も最後までご覧頂きありがとうございました。 今回の記事は2015年に出版の書籍をもとに記事にしております。 明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

folder 「本当の自分・心」このワンフレーズがあなたの運命を変える

12.言葉には、心に影響を与えスイッチを入れる力がある
11.すべては一つ
more...

folder 「人生の迷い・過去・未来」このワンフレーズがあなたの運命を変える

No Image

No Image

more...

folder 「親子・夫婦・家庭・子育て」このワンフレーズがあなたの運命を変える

No Image

No Image

more...

folder 人生に奇跡を呼ぶ言葉

恋人を捨てる!
人からの評価を捨てる!
more...

folder 成功と幸福を呼ぶ言葉

No Image

No Image

more...

folder なぜ本気で自分を活かさないのか

112.分離から調和に向かうビジネスが発展する時代になる
111.もともと一ツ
more...

folder 人の心と宇宙意識~真我の覚醒~

11.生命のプログラム~アセンション
10.生命のプログラム~最高の人生
more...

folder 神のメッセージ[宇宙の法則]

155.真理の受け止め方 パターン5
154.真理の受け止め方 パターン4
more...

folder あなたの悩みは一瞬で消せる

No Image

No Image

more...