佐藤康行公式ブログ|人の心と宇宙意識~真我の覚醒

満月の法則|まんまる満月理論~人は心の結晶体

4.処方箋編②:「相手の思い描くこと」に焦点を合わせる

calendar


いつもご覧下さりありがとうございます。
下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

(毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

宇宙意識(真我)が今のあなたの運命を最高のものにする!

こんにちは、佐藤康行です。

仕事とは、依頼者の指示によって動いているのであって、自分の考えで動いているのではない。
だから、自分の思いに沿うのではなく、依頼者である「相手の思い描くこと」に沿わなくてはならないのである。

上司なら上司の意向に焦点を合わせる。
仕事の依頼者の意向に焦点を合わせるということが重要なのである。
仕事の基本は「依頼者の頭に思い描くことに沿うこと」を、「その人からOKがでるまでやること」なのである。

よく、仕事の依頼を受けたとき、依頼されたまま「はい、わかりました」と一言だけ返して、さっさと仕事に取り組んでしまうケースがある。
しかし、依頼の内容について依頼者に何も確認をしないと、ピントがズレる可能性が非常に大きいのだ。

人間は誰でも、自分の経験したものを基準に判断する生き物だ。
だからこそ、ここで何も確認しないでいると、自分の判断基準で、自分の頭の中に勝手に作り上げた仕事をしてしまう。

そうなると、その仕事は依頼者である上司の考えでもないし、さらにはその会社の考えでもなくなってしまう。
「自分の経験を生かして、新しい、もっと良いアイデアが入った仕事ができるじゃないか」そんな意見もあるだろう。 

しかし、それは依頼者である相手の言っていること、やろうとしていることを、全部わかったうえでの提案として出せれば良い話である。
しかし、実際は、相当なベテランでも相手に確認をしないで、相手を全て掌握できることなどまずありえない。

「相手の思い描くこと」を確認することは、依頼者である相手に対しての誠意なのだ。
例えば、相手から「背中が痒いから掻いてくれ」と頼まれたとする。
Aさんは「いいですよ」と言っただけで、勝手に「この辺だろう」と思い、そこを掻いたら、どうだろうか?「そこじゃない」となってしまうのがオチだ。

その場合、Aさんに必要なのは、相手の背中を触りながら「ここでしょうか?」「ここでしょうか?」と掻きながら確認して、相手が掻いて欲しいところを掻いてあげることである。
それでは、「相手の思い描くこと」に焦点を合わせることの精度をさらに高めていこう。

そのために必要になるのが次の処方箋③である。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

The following two tabs change content below.
みんなあなたのことが好き

みんなあなたのことが好き

佐藤康行です。今日も最後までご覧頂きありがとうございました。 今回の記事は2007年に出版の書籍をもとに記事にしております。 明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

folder 「本当の自分・心」このワンフレーズがあなたの運命を変える

1.この世にあるすべてのものが心でできている
12.言葉には、心に影響を与えスイッチを入れる力がある
more...

folder 「人生の迷い・過去・未来」このワンフレーズがあなたの運命を変える

No Image

No Image

more...

folder 「親子・夫婦・家庭・子育て」このワンフレーズがあなたの運命を変える

No Image

No Image

more...

folder 成功と幸福を呼ぶ言葉

No Image

No Image

more...

folder なぜ本気で自分を活かさないのか

112.分離から調和に向かうビジネスが発展する時代になる
111.もともと一ツ
more...

folder 人の心と宇宙意識~真我の覚醒~

11.生命のプログラム~アセンション
10.生命のプログラム~最高の人生
more...

folder 神のメッセージ[宇宙の法則]

155.真理の受け止め方 パターン5
154.真理の受け止め方 パターン4
more...

folder あなたの悩みは一瞬で消せる

No Image

No Image

more...