佐藤康行公式ブログ|人の心と宇宙意識~真我の覚醒

満月の法則|まんまる満月理論~人は心の結晶体

29.処方箋編⑮:「自分の欲望」や「過去の自分の成功と失敗」から自分の特性を探る

calendar

いつもご覧下さりありがとうございます。
下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

(毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

宇宙意識(真我)が今のあなたの運命を最高のものにする!

こんにちは、佐藤康行です。

人との比較で苦しまないためには、「自分」というものを見つめていく必要がある。
自分を見つめていくときに大事なことは、「過去の自分の体験」を見ることと、「自分の欲望」を見ることである。

目的は、「自分の特性を知る」ということだ。
自分がどういう体験をしてきたのか? 

もちろん、過去に何をしていようが、現在何をやっていようが、それぞれの体験を通して最終的な「自分の特性」がわかってくればいいのである。
特性を発見するポイントは、過去の様々な体験をしてきたとき、スムーズにスッスッとできたものは何か? 

である。
誰にでも、本人の特性が生かせる道にはまると、スムーズにいける。
まだ、Eさん本人も気づいていないし、周りも誰もわからないけど、今よりも、もっともいい自分の道があるのだ。

あるのだけれど、それに気づかないことがほとんどである。
このように、「過去の自分の体験」に「自分の特性」を知る大きなヒントがある。
しかし、それを発見する目を曇らせるものがある。

ひとつには「自分の欲望」というものがある。
自分の価値観は、「自分の欲望」からも形成される。
そして自分の心の中に形成された価値観が、「自分の特性」を素直に認めることを妨げてしまう場合があるのだ。

自分の理想の価値観と比較して、無理やり過去を否定しようとして、「俺はあんな特性をもった人間ではない」と思ってしまう場合があるのだ。
「いや、あれが私なのだ」と、認めたほうが、かえって本来の「自分の特性」が見えてくることもある。

過去の体験、事実をそのまま真実として受けとめてこそ、自分がどういう特性があるのかがわかるのだ。
だから、「あんな人間であるはずはない」ではなく、「あんなはず」でいいのだ。

自分の向き不向き、得意分野や不得意分野、どういうときに力を発揮しているのか、どういうときに力が出ないのか、そういった、自分の特性がわかると、Eさんの進む道が見えて来る。

また「自分の欲望」も、自分の心にあるということは、それも一つの自分である。
先ほどの「羨ましい」「妬ましい」という気持ちはまさに、「ああなりたい」「あれがほしい」という欲望から起こるものである。

つまり、自分の欲望を突き詰めて行くと、どうしてそのような気持ちが起こるのかわかってくる。
「欲望」の出どころを見つめるのも、「自分の特性」を発見する方法のひとつなのだ。

では、発見した「自分の特性」を生かしていくために重要なポイントを次の処方箋⑯で説明しよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

The following two tabs change content below.
みんなあなたのことが好き

みんなあなたのことが好き

佐藤康行です。今日も最後までご覧頂きありがとうございました。 今回の記事は2007年に出版の書籍をもとに記事にしております。 明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

folder 「本当の自分・心」このワンフレーズがあなたの運命を変える

1.この世にあるすべてのものが心でできている
12.言葉には、心に影響を与えスイッチを入れる力がある
more...

folder 「人生の迷い・過去・未来」このワンフレーズがあなたの運命を変える

No Image

No Image

more...

folder 「親子・夫婦・家庭・子育て」このワンフレーズがあなたの運命を変える

No Image

No Image

more...

folder 成功と幸福を呼ぶ言葉

No Image

No Image

more...

folder なぜ本気で自分を活かさないのか

112.分離から調和に向かうビジネスが発展する時代になる
111.もともと一ツ
more...

folder 人の心と宇宙意識~真我の覚醒~

11.生命のプログラム~アセンション
10.生命のプログラム~最高の人生
more...

folder 神のメッセージ[宇宙の法則]

155.真理の受け止め方 パターン5
154.真理の受け止め方 パターン4
more...

folder あなたの悩みは一瞬で消せる

No Image

No Image

more...