第2ステージ(いのちの脳)

第2ステージ(いのちの脳)

第2ステージ(いのちの脳)

私は臨死体験に近い体験をしたことがあります。
生死ギリギリの状態にまで落ち込んでしまい、心の臨死体験と言えるものでした。

生還して自分の中のビネスの壁が壊れて価値を失いました。

当時はビジネスをしながら講演会やセミナーを開いていました。
私のところへ来られて、命が救われた方がどんどん増えてきた時に
ビジネスの成功者に魅力を感じなくなっていきました。
相手がどれだけのお金持ちであっても、それは自分に対してもです。

「残りの人生を命の脳で生きよう」私はそう決心しました。

1990年(平成2年)
1991年(平成3年)
1995年(平成7年)
1996年(平成8年)
1998年(平成10年)
1999年(平成11年)
2001年(平成13年)
2002年(平成14年)
2003年(平成15年)
2005年(平成17年)
2006年(平成18年)
2007年(平成19年)
2010年(平成22年)
2011年(平成23年)
2013年(平成25年)
2014年(平成26年)

他のヒストリーを見る

このページの先頭へ