【佐藤康行直伝】会社は誰のためにあるのか?

20180412%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%abfb%e8%a8%98%e4%ba%8b

 

組織だけ大きくて、みんなバラバラのことを考えていたら、人件費、経費ばかりかかって、会社は倒産まっしぐらです。

会社の組織は、お客様のニーズ、お客様の欲求に応えるためにある。

社長、リーダーとして、お客様のニーズに応えつづけていく。

そのために、チームワークを良くする。

たとえばサッカーだったら、金メダルを獲るために、選手はチームワークが良くなきゃダメでしょう?

会社は、売上、利益を上げるために会社一丸となって、チームワークよくする。

会社には事務員、営業、色んな部門がある。

全社一丸となって、商品を研究開発する。

例えば、営業マンがお客さんのところで、苦情とか、要望を聞いた時、それを会社の研究部門に、即、報告していく。

そうしないとピント外れな研究になっていきます。

教育もそうです。

その研究、教育を社長がまとめる。

そして社長が、社員に指示を出すのが一番良いのです。

そういう風通しの良い会社にする。

特に、お客さんの声が入ってくるようにするのです。

佐藤康行
————————————–

世界中の宗教、哲学、心理学経営の頂点ともいえる究極の技を、あなたに伝授します。

【8/6開催】

佐藤康行特別講演会

テーマ:「真我の経営」

日時:2019年8月6日(火)14時-16時

会場:八重洲通ビル第一研修室

講師:佐藤康行

参加費:5,000円(後日Web視聴も同じ)
持ち物:筆記用具

特典:2点プレゼント!
1.書籍「社長!二代目の仕事は魂の継承だ」(1,404円)
2.当日の映像(5,000円相当)

 

詳細 ⇒ コチラから

申込 ⇒ コチラから

このページの先頭へ