11月 今月の言葉「過去は未来からやってくる」/佐藤康行

dsc0025522222

私たちはこうやって何か行動していますね。そうすると、これから未来に向かっていく。明日も未来だし、1秒後も未来ですよね? ということは、未来は全部過去の集積ということです。

これから1秒後の未来を考えると、それは過去がやってきますね。これなら分かりますでしょう? 「1秒後」と言えば分かる。それは全部過去が未来からやってきていませんか。

時間的にこのように考えると、少し分かってきませんか?

未来は過去からやってこない。「未来は過去の集積だ」という言い方なのです。もし未来を年代にすると、10年後の未来と言いますね。でも、それは1年後の積み重ねの未来になってきます。もっと言うならば、秒単位の未来の積み重ねがありますね。

例えば、『真我』100巻全集をやろうと私は言いました。それは過去の部分です。それが、決めた瞬間、未来からいろんなものが、チームや、協力者がやってきたのです。

地中にダイヤモンドがあったとします。それを掘り当てていくと、それは過去そこにあるもの。置いたものなのです。それを掘り当てると、その未来が待っていますね。それは、手にするという未来が待っている。ほら、過去が未来からやってくるではありませんか。分かってきましたか?

庭の奥に1億円のダイヤモンドがあると半信半疑でやると、途中から諦めちゃう可能性があります。でも、絶対に間違いなくあると思ったら、何としても掘り当てませんか? だから、その確信が大事なんです。

ということは、あると認めた瞬間、それは自分のものになるのです。そこには置いてあるだけですから。

その瞬間に自分のものになるのです。ないと言ったら、その人にとって手に入ってないわけです。もし目の前で見ていたり、ほとんどちょっと見れば分かる所にあったとしても、ないと言ったら存在しないのです。どんなに地中深くてもあると認めた瞬間に、自分のものになります。

絶対にぶれないですよね。周りからも惑わされなくなる。すでに自分のものになっている、その瞬間に。手を休めなければ。手を休めて向こうを見ちゃったら、もう消えちゃうわけです。

だって、ダイヤモンドはあるのだから。真実です。意識というより、真実を分かった瞬間にそうなるのです。

未来は私たちの中の想像の世界です。未来という形を付けましたが、未来は秒単位で変わっています。今が変われば未来も変わりますよね? だから、変わっていっているわけです。そのため、私たちの認識の世界を未来と言う。ですが、未来という固定したものはないのです。

正しく言うなら、過去も認識だから。ということは、過去も未来もないということになる。ゆえに、それをひっくり返すこともできる。

真我を知っていたら、どこにでもいけるわけです。認識だけだったら、一つだけになる。認識したものだけが存在だと思っちゃうのです。それが地動説、天動説で説明できます。人類誕生前から、地球が自転しながら公転しているのは変わりません。でも、私たちが天動説を認識した時に、そういうとらえ方で生きていくだけです。でも、地動説という真理は変わらないのです。

天動説だけを見たら、地動説は消えてしまう。思い出すまで消えっぱなしになって、そのまま死んだら、一生存在しないものになっちゃう。

結論から言うと、私は「過去も今も未来も、どれも無い」という発想なのです。これが真我のとらえ方。どれも無いわけです。自分が認めたものだけが存在している。

真我から見ると時間そのものがないし、空間そのものがない。

今は無いのです。今の「い」って、「い」という字を何億分の1にカットしても今ではないでしょう? だから、今は無い。

五感でとらえるのと想像の世界。「あそこでいる人は、こうしてるんだな」って、それは想像の世界ですよね。五感と想像の世界。

山から湧き水が出て、流れていって海に向かっていく。ここで湧き水が出てくるのは、ある意味では、川だけで見たら一番過去ですね。それが自分に向かってくると、未来が向こうから、過去からやってきますね。「未来からやってくる、過去が」でしょう?

自分がそのように認めたら、そのようになる。どの時点で見るか。どの時点でも本当は見れるんですよと。あえて「過去は未来からやってくる」と言った時に、こういう論争になりますね。それが面白いではありませんか。

今、例えばあなたに「何だ? その目つき」と言ったら、これが未来に関係してくるわけです。そこから始まるのです。「いや、本当はそうじゃないんだ。おまえはこんないいやつだ」と言ったら、また未来は変わります。どうにでもなるわけです。その瞬間瞬間で未来が変わってきます。

『真我』100巻全集も、今こうやってやっているのも、それにこだわっているのはすべて、「過去は未来からやってくる」。そのための動きをしているからです。

 

%e7%9c%9f%e6%88%91%e6%9b%b8%e5%bd%b12

佐藤康行著書 『真我』シリーズ第一巻

『真我』

\1,300(税抜)

このページの先頭へ