お金について/ 佐藤康行の「真我Q&A」コーナー

佐藤康行が直接答える!真我Q&Aコーナー
●今回のテーマ:「お金について」
dsc0438302
 皆様から寄せられた質問に、佐藤康行がズバッと明快答します!

Q.お金についてどのように教育したら良いでしょうか?

けっして親子だけじゃなく、「なぜ、みんながお金を欲しがるのか?」ということを教える。

お金がなかったらどこにも行けないでしょう。お金がなかったら欲しいものも手に入らない、食べたいものも食べられないでしょう。電車にも乗れないでしょう。

ということは、もし、欲しいものが食べられて、欲しいものがもらえて、欲しいところに行けたら、お金は要らないじゃないですか。

自由にお金がなくてもできたとします。ということは、お金が欲しいわけじゃないわけです。

自由が欲しいわけです。自由に欲しいものを手に入れたい。お金があれば自由が手に入る。

 

まず、それがひとつ。

ふたつ目は、何故自由が欲しいかというと、

自分がかわいいからです。

自分がかわいいから、自分を満たしてあげたいからです。お腹を満たすというのも、自分を満たしたいからです。ということは、自分を愛してるからなんです。

それは家族のためも同じです。家族を愛しているからです。そのために働くわけです。

だからお金が欲しいんじゃない、自由が欲しい。自由が欲しいんじゃない、愛が欲しいんだということになるでしょう。

その意味で、それがまずひとつです。

大体何にお金を遣うかというのをみると、その人の気持ちも分かってくるわけです。

Q.お金の正体とは何なのでしょうか?

お金の正体は愛です。なぜ、私たちはお金を欲しがるのでしょうか。お金を持っていたらもっと幸せになる、もっといろいろな自分の欲しいものが手に入る、みんなに認められるからではないでしょうか。そして、お金がたくさん自分のもとにあったら、最も自分にとって価値あるものにお金を使おうと思うでしょう。価値ある働き方をして、価値ある使い方をしたいのです。

ですから、お金が欲しいというよりも、あなたは幸せが欲しいのです。もっと喜びが欲しいのです。もっと愛が欲しいのです。

しかし、愛も喜びも幸せも、お金が手に入らなくても全部手に入れることができるのです。あなたが先に愛を手に入れて、先に幸せを手に入れて、先に喜びを手に入れてから、そしてお金を求めていけば、最も良いお金の稼ぎ方、最も良いお金の使い方をすることができるのです。

このページの先頭へ