カテゴリー別アーカイブ: 人生の急所

「学ぶ」という発想から「創造する」という発想へ


こんにちは、佐藤康行です。

「一生勉強」などといいますが、表面から多くの知識を詰め込むような勉強は、そろそろ卒業したほうがいいでしょう。

私たちが一生死に物狂いで勉強しても、その知識は九牛一毛といわれます。科学の世界にしても、世界のトップレベルの科学者が、「われわれが研究した結果分かったことがある。それは、われわれにはまだ何も分かっていないということだ」と言っているように、知識のレベルではたかが知れているのです。

考えてみれば、人間の体一つを取ってみてもわかることです。心臓の機能や血液の成分についてはかなり分かっています。しかし、そもそもどうして人間が生きているかということは、まったく分かっていないのです。

宇宙全体からすれば、最先端分野の科学者も小学生も、その知識の量は五十歩百歩だということなのです。まず私たちはそのことを早く知ることです。

そんなわずかな知識をもとに、私たちは、善悪を判断したり、価値基準を作ったり、常にそんな発想をしています。

問題は、これから先に起こる出来事に対して、過去に勉強したことが本当に役に立つか、ということです。

例えば、織田信長や豊臣秀吉や徳川家康に学んで本当に未来の政治に役立つでしょうか。みんな殺し合いをしていたのにです。

科学を勉強する。でもそれは既に証明されたことで、聞けばわかる、それまでです。

もちろんある段階までは必要でしょう。しかし、特に日本では、年をとってもただ知識を入れるという学校の勉強の発想で終わってしまう人がほとんどです。

日本からノーベル賞学者がほとんど生まれないのもそのためです。「学ぶ」という発想から抜けきれない。「創造する」という発想が弱いのです。

外からたくさんの知識を入れなくても、もともと自分の中にすべてを見通す目、すべてを聞き通せる耳、すべてを読み取れる心、があるのです。万能なのです。それを発揮するには、心の奥「満月の心」を開発するしかないのです。

知識を詰め込むのはもうやめて、もともと自分の中にある「満月の心」を引き出そう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ