月別アーカイブ: 2016年11月

【TAKE一回でイエローカード!】


こんにちは、佐藤康行です。

お客さんに対して、いつもGIVE-GIVE-GIVEの姿勢に徹していたら、「売り込み」と思われて嫌がられたり、疎まれたりすることはなくなる。

それどころか、逆に「いつでも来て下さい!」と大歓迎してもらえるようになる。

そうなれば、営業は百倍楽しい仕事になる。

楽しくなってくれば、成績も自然と着いてくる。

しかし、そのことを頭で理解できても、いざ締め日が近づいて成績が上がっていないと、「早いところ、このお客さんに契約してもらって数字を残さないと…」と打算が働いてしまう。

そうすると、急にTAKEになってしまう。

TAKEしたくなると、突然、お客さんは引いてしまう。

そんな経験は、あなたにもあるんじゃないだろうか?

私にも、そんなあなたの気持ちはよくわかる。

でも、やっぱりそれは改めないといけない。

じゃあ、どうすればTAKEしたくなる気持ちを抑えることができるだろうか?

ここをゲームで解決しよう。

あなたもサッカーの試合を見たことがあるだろう。

サッカーでは、危険なプレーをするとイエローカードが出される(警告)。

さらにイエローカードがもう一枚出ると、レッドカードで退場させられる。

あなたも、サッカーのように自分にイエローカードを出してみるのだ。

TAKEの気持ちが一回覗いたらイエローカードで“警告”。

さらにもう一回覗いてしまったらイエローカード二枚でレッドカード、すなわち“退場”である。

レッドカードが出たら、どんなに商談が進んでいたとしても、自ら“退場”しなければならない。

例え、サインをいただく寸前だったとしても、即刻、その場から退散するように自分でルールを決めておくのだ。

サッカーに限らずプロスポーツの世界には、みんな厳しいルールが設けられている。

例え反則をしなくても、怠慢プレーをしたら罰金を課されたり、減俸になることもある。

また、二軍に落とされたり、解雇されることだってある。

「それはプロスポーツ選手の話でしょ?」

ちょっと待った!

じゃあ、あなたはプロスポーツ選手とどこが違うのか?

それでお金をいただいている以上、あなたもプロの営業マンなのだ。

プロスポーツ選手と何も変わらないのだ。

だから、厳しいかも知れないが、そのくらいの覚悟を持つことだ。

それくらい断固とした姿勢で臨んでこそ、あなたは本物のプロになれるのだ。

そして、どこに行っても通用するだけの実力を身に付けることができるのだ。

あなたもプロの営業マンである限り、ただただ一途に、お客さんに喜んでいただくこと、お客さんに利益を得ていただくこと、お客さんに感動していただくことに焦点を当てよう。

営業の世界は、一歩外に出たら、誰もあなたの管理はしてくれない。

だから、営業マンは、自分で自分を管理できなければダメなのだ。

それができなければ、営業マンとして失格だけでなく、人生そのものも堕落したものになってしまうのだ。

もしそんなふうになりたくなかったら、あなたも今日からイエローカードを出して、自分を戒めるようにしよう。

さらに自分を律するためには、イエローカードを出すたびにノートに記録していき、累計で「五十個になったら辞表を出して辞める」とか、「百個になったら業界から引退する」というように自分なりのルールを決めておこう。

そこまでやれば、あなたはやがて堂々たる素晴らしい営業マンになれることだろう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ