日別アーカイブ: 2017年3月13日

満月の心を開くとネガティブな感情すら湧いてこなくなる


こんにちは、佐藤康行です。

ネガティブな感情は、自分の本当の使命を知るための要素だという言い方もできます。

実際に私自身も、自分の使命に目覚め始めてきた頃、使命とかけ離れた勉強会などに参加すると、途中から具合が悪くなったものです。

腕がしびれてしまって、じっと座っていられなくなったことがあります。

それから参加しなくなりましたが、私はそれで良かったと思っています。

これは単なるわがままとは違うのです。

満月の心(本当の自分)を開いた時は、むしろ、ネガティブな感情を利用すればいいのです。

恐怖心や、「できない」とか「やりたくない」というネガティブな感情も必要だから湧いてくるのです。

そういった感情が、「お前が進む道はそっちじゃないよ!」とメッセージを送ってくれているのです。

こういった感情は、満月の心(本当の自分)を開いた時に一段と顕著に出てきますので、満月の心(本当の自分)を開いていることを条件にするべきかもしれません。

満月の心(本当の自分)に目覚めていない段階で、そういう感情が出てきたらどうすればいいかと言うと、その場合は逆に前に進むことです。

例えば、今の仕事が本当に自分に合っているかどうかわからなくなった場合は、もっとその仕事に真剣に打ち込んでみることです。

そうしたら自ずと答えが出るからです。

「迷ったら近づけ!」です。

しかし、本当に満月の心(本当の自分)を開いていくと、そもそもネガティブな感情自体が湧いて来なくなります。

例えば職場に嫌な人がいたとしても、そういう感情はもう湧いて来なくなるのです。それは一つには、自分の捉え方が変わるからです。

「嫌な人だな…」と思っていた人がありがたい人、いい人に変わってしまいます。

なぜならば、その人のお陰でいろんな気づきも得られたし、自分自身を磨くことができ、人間的にも成長できたからです。

そうなると、嫌な人だと思っていたのが、一番愛すべき人に変わってしまいます。

もう一つには、本当にその「嫌な人」が「いい人」に変わってしまうからです。

なぜなら、こちらがその人を心から好きになれば、やがて相手もこちらに対して好意を持つようになるからです。

そうすれば、本当に「嫌な人」が「いい人」に変わってしまいます。

そんな事例は実際に数え切れないほど見ています。

ですから、ネガティブな感情が湧かなくなるまで満月の心(本当の自分)を開いていくことです。

そうしたら、本当に素晴らしい人生が送れることは間違いありません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ