日別アーカイブ: 2017年6月6日

厳しい時代に求められる人物とは


こんにちは、佐藤康行です。

「正直者がバカを見る」という言葉がありますが、バブルのときはまさにその言葉どおりだったような気がします。

一方ではお客さんに喜んでもらえるように真面目にコツコツと商売をして、十年かけて利益を得る。他方では不動産を売買して一晩にしてその何倍もの利益を得る。そんないわば人間性を踏みにじるような時代がバブルだったように思います。

当時私はある勉強会で、不動産業界で有名な社長の講演を聞きました。休憩時間にその社長とトイレで一緒になり、彼のふとした動作や雰囲気を見た時、「なぜこの人が皆から崇められるのだろうか、不思議だな」と疑問に思ったことがありました。

別に何か悪いことをしているわけでもなく、外見もいたって紳士的で、傲慢というわけでもないのですが、直観的にそう感じたのでした。

自慢ではありませんが、私の直観は無視できないところがあります。結局、バブルがはじけて、その社長は当時あった何百億円という資産をすべて失い、業界から消えていきました。バブルは、ただ金だけを追いかける、そんな世界でした。

これからの本物の時代とは、自分を高め、人に喜んでいただいて、その結果として代価を得るというビジネスの仕方をする時代です。

このやり方では、一夜にしてパッと大金が入るということは無いかもしれません。しかし、厳しい時代には本物でいくしかないのです。このビジネス・スタイルこそ、いつの時代も変わらない不変の黄金律を体現するものなのです。

厳しい時代であればあるほど、本物の仕事をする人と、そうでない人とでは、明確な差が出ます。

例えば、コーチが見ている時だけトレーニングする選手と、コーチが見ていようがいまいが関係なくトレーニングに励む選手では、筋肉のつき方が違います。

何よりも先に、自分自身の意識次元を向上させることです。仕事やお金やその他の必要なものは後から必ずついて来ます。本当の大物とはそういう人のことです。

自分を高め、人に喜んでもらおう。仕事やお金は後からついて来る。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ