日別アーカイブ: 2017年6月9日

永続的に発展する会社とは


こんにちは、佐藤康行です。

「君のことはよく知っている」と口にする人がいます。本当にその通りでしょうか。

「知っている」と言った瞬間、それはその人が「こうだ」と思い込んでいるほんの一部にしか過ぎなくなります。つまり、「知っている」と言った瞬間、本当には知らないことになるのです。知っていると思った瞬間、知らない世界に入るのです。

会社の中でも、よく上司が部下に対してこんなことを言っています。

「君はどうも落ち着きがないね」「君は気配りが足りないね」

確かにそういう一面もあるかも知れませんが、その人をこういう人だと決めつけるのは、とても偏った見方です。その背景には必ずその人の本質が隠れているものです。そこを見ようともせず、いたって表面的にとらえてしまっています。

上司が「君の能力はこうだから」と言うのは、部下の可能性の芽を摘んでしまうことになりかねません。

短期的に売上や利益を上げるという目的のために、人をあえて決めつけて使うという会社もあります。短期的に見たらその方が軍隊のように統制がとれて、組織が機能する場合があるのです。こういう会社は結構多いようです。

逆に、どうしたら社会貢献できるだろうかと、存在意義をしっかり考え、永続的に発展させようという意図のある会社は、社員一人ひとりに潜在している能力を発揮させようとします。

こういう会社では人を決めつけず、まだどんな可能性があるだろうか、どんな長所を持っているだろうか、という接し方をします。この方が社員一人ひとりは、伸び伸び、イキイキ働けるので、どんどん力を発揮していくことになります。

重要なのは、人を知ろうとするのではなく、「見える」ようになるということです。

「知る」とは、知識としての範囲と、肉眼で見える範囲に限定されます。そうではなく、私が「見える」と言っているのは、「真眼」で見るということです。

「真」は、愛と言ってもいい。愛の心で見ると、人との接し方や見方が全然違ってくるのです。

人を決めつけず、どんな可能性・長所があるだろうかという接し方をしよう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ