月別アーカイブ: 2017年7月

子供の非行で悩んでいる人へ


こんにちは、佐藤康行です。

ある会合で話をしている時のことです。目の前に座っていた女性が泣きだしました。「どうしたんですか」と尋ねると、「実は、離婚をしてから息子が暴力を振るうようになったんです。体も大きくなってかないません。

どうしたらいいんでしょう」と言うのです。

私が心の研修をやっていることを話すと、「じゃあ、うちの息子を教育してください」と言うのです。

「ちょっと待ってください。私のところに息子さんを来させるのは、息子がダメだからでしょう」

「ええ、そうです」

「では、そのダメな息子にしたのは誰ですか。奥さんの影響じゃないんですか」 「あっ!」と彼女は声を上げました。気づいたようです。

「ということは、まず奥さんが来ることじゃないですか」 彼女は素直に私の言うとおり、研修を受けに来ました。

その中で、彼女は目を腫らして涙を流していました。そして、自分自身の内面を見て、「ああ、やっぱり私が原因だったんだ」ということを、はっきりと自分の満月の心でわかることができたのでした。

その三日後、彼女から電話がありました。

「先生、本当にありがとうございました。もう息子は変わっていました」

親が変わったら、テレパシーのように、息子も同時に変わっていたのです。

子どもにとって家庭とは、鳥カゴのようなものです。カゴの中の鳥に「はばたけ!」と言っても飛べないのです。

鳥カゴは何かと言えば、親の想念です。親の想念の中に子どもが入っているのです。ですから、親が変わらない限り、子どもは変われません。

親の想いの中に入っていて、窮屈でしかたがないのです。

愛とは、自由です。生命を生かす働きです。親がそのことに気づくと鳥カゴがなくなります。そうすると、子どもは自由にはばたけるのです。

親が変われば、子どもも変わる。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ