日別アーカイブ: 2017年7月4日

部下に好かれる上司の条件|経営者や人事を決定する重要な立場にいる人ほど、人間的な成長が必要


こんにちは、佐藤康行です。

「いい人ほど早くリストラされて、残っているのは要領がいい人、ズル賢い人ばかり。本当に矛盾を感じる」という話をよく聞きます。

先日もある外食産業の本部で、事務員として働いている三十代の女性からこんな話を聞かされました。

「どうもよく見ていると、会社のなかで早くリストラにあっている人は、まじめにコツコツ努力している地道な人で、逆に会社に残って出世している人は、上司にゴマをすったり、おべっかを使ったりしながら、見えないところでは適当にやっている人ばかりなんですよ。こんな世界があっていいのでしょうか?」

本当に納得がいかないという様子でした。後で聞いた話では、会社にいるのがいやになり、結局、自分から辞めたそうです。

経営者や人事を決定する重要な立場にいる人ほど、人間的な成長が必要です。

特に、人事等の重要な決定を下す際、心の状態はとても大切です。

重要な立場にいる人ほど、一番深い心で物事を考えたり判断しなければいけません。

好き嫌いという感情や、自分の都合など、浅い理性で人事を決めたりしているような経営者や管理者のいる会社では、これからの厳しい時代、生き抜くことはできません。こういう会社は、社会からリストラされることでしょう。

もっと深い心で判断できるような人間にならなければいけません。

その心とは、社会との調和の心です。自分の好き嫌いや都合ではなく、相手の立場にたったらどうなのか、社会全体にとってはどうなのか、というように考えられる心です。

より広い視野で物事を判断していかなければいけない時代です。ましてや、会社の重要ポストに就いている人であればなおのことです。

ところで、相手の立場になるのはどうしたらいいでしょう。

一番良い方法は、実際に相手の立場になることです。

部下に与えた仕事を、一日だけ代りにやってみるのです。体で理解することができます。部下の気持ちが分からないと感じたら実行してください。

部下の気持ちを理解したければ、実際に部下の仕事を一日代りにやろう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ