日別アーカイブ: 2017年7月5日

どんな「嫌いな上司」ともうまくいく心の持ち方


こんにちは、佐藤康行です。

あなたが、「この上司とはやりにくいな、イヤだな」と思ったら、仕事どころではなくなってしまいます。心は伝わりますから、あなたが上司を嫌えば、上司もあなたを嫌うでしょう。

一度、五十キロのバーベルを持ち上げられれば、それより軽いバーベルは、いとも簡単に持ち上げることができます。人間関係も同じようなものです。

嫌いな上司がいたら、今まで持ったことのない重いバーベルだと思えばいいのです。

苦手な上司とうまくやっていけるようになったらどうでしょう。他の、どんな上司に変わっても、困らなくなりますね。

苦手な人と接すると、心の筋肉が鍛えられます。だから、心のトレーニングをしていると思えばいいのです。

「心の筋肉を鍛えてくれている」と思えば、「いやだな」という感情が感謝に変わります。自分を鍛えてくれる良い人に変わってしまうのです。

こちらが「良い人」と思って接するから、相手もあなたのことを「良い人」と思うでしょう。人間関係とはそういうものです。

若いOLで、「あの部長だけは生理的に絶対受け付けない」と言い張る人がいます。

最初から「バーベルなんて持てない」と決めつけているのです。そうやってあまり簡単に片づけない方がいい。どんな人でも、自分を鍛えてくれるありがたい人なのです。

絶対に人を決めつけてはいけません。むしろ、苦手な人ほど自分の人間的な幅を広げてくれるありがたい人なのです。

また、気難しそうな人が、実際に接してみると、思いやりのある人だということもよくあります。

私のところに見える方の中にも、人間関係、特に会社の上司との人間関係で悩んでいる人は大勢いますが、大抵は今私が言ったようなアドバイスで解決されています。

またさらに深い観点で見ていくと、周りにいる人たちはすべて、あなたに気づきを与えるためにいる、ととらえることもできるのです。

嫌いな上司は、心の筋肉を鍛えてくれている、ありがたい人だと思いましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ