日別アーカイブ: 2017年8月7日

コンプレックスを、運命を大きく動かす〝起爆剤にする!?


こんにちは、佐藤康行です。

どんなに立派に見える人でも、コンプレックスを持っているものです。

大きな会社の経営者でも政治家でも、学校の先生でもそう。

むしろ、コンプレックスを持っていない人を探すほうが難しいでしょう。

若いころの私はコンプレックスの塊でした。

家は貧乏、育ちはよくない、背も高くない、いいのは顔だけ

これは冗談です

が、「本当に情けない男だ」と思っていました。

また、私は人前で話をするのが苦手でした。

あるとき、それを知っている友人が、わざわざ私を指名して話をするように仕向けたことがありました。

私は何分間も黙ったまま、ただ顔を真っ赤にして立っていることしかできませんでした。
相手を恨みました。

私はそのときから、人前で自分の意見を正しく言える人間になりたいと心から思いました。

「いまに見ていろ」というのが、当時の私の口癖でした。

私にあったのは、負けん気だけ。

自分のコンプレックスをプラスに転じてみようと決意し、その努力を始めたのです。

たとえば飲みに行くとき、私はハンサムな男と席を並べるようにしました。

ハンサムくんは黙っていてももてますから、私は当然、悔しい思いをします。

でも、事実を受け入れると、だんだん悔しくなくなってきます。

それよりも、「彼よりもどこかすばらしいものを持とう」と考えるようになったのです。
「自分を磨こう」と思いました。

私流に考えると、コンプレックスは貴重な財産です。

ハンサムくんは現状に困っていませんから変化の必要性を感じません。

反対に私のような人間は「悔しい……このままでは嫌だ」と思いますから、改善や努力が生まれてくるのです。

この違いが、長い月日を経ると、どれだけの差を生むでしょうか。

自分自身のコンプレックスは財産なのです。振り子のように、右に振ったぶんだけ左に振れます。

つまり、コンプレックスが大きければ大きいほど、がんばることができるのです。不足した部分を認めた人は、成功しようという思いが強くなります。

そのコンプレックスをどのように活用するかはあなた次第です。

コンプレックスを理由に、あきらめたり、怠けたり、卑屈になったりする人もいるでしょう。

それはとてももったいないことです。

コンプレックスは「不足の心」。

それを起爆剤にすることで、それまでできなかったことができるようになります。

最近はあまり聞かなくなりましたが、「ハングリー精神」という言葉があります。
ボクサーや野球選手をほめる場合によく使ったものです。

たとえば、お腹が空いているライオンと満腹のライオンとでは、どちらがいい動き
をするでしょうか。

満腹だとのんびりしたり、眠くなったりします。おいしそうな餌が目の前にあっても、感覚も動きも冴えません。

でも、空腹のときは違います。目はランランと輝き、餌になる動物はいないかとセンサーを働かせ、ちょっとの隙を見つけて飛びかかるでしょう。

これを、コンプレックスと置き換えればいい。

あなたのコンプレックスは欠点ではありません。むしろ味方なのです。

政治家でも発明家でも、小説家でもそうですが、過去の偉人たちを見ると、大きな仕事を成し遂げた人ほど、コンプレックスを持っていました。

それがなければ、歴史に名を残すことができなかったはずです。

そこそこの成功、そこそこの幸せで満足したことでしょう。

「コンプレックスのせい」と思うか、「コンプレックスのおかげで」と思うかの違いで、その人の人生は大きく変わってきます。

私は中学2年のときに母が死んだおかげで 自立心が芽生えました。

出身地の北海道美唄市にいても仕方がないから東京に単身乗り込んできたのです。

宝石のセールスマンをしているときに実家が火事になったおかげで、自分が家を守ろうと決意しました。

50代のとき、脳出血で倒れて半身麻痺になったおかげで、心の悩みを解決するクリニックをつくることができました。

「せい」を「おかげ」に変えたことで、「いま」の自分があるのです。

あなたがコンプレックスだと感じていることと向き合ってみてください。

「せい」だと思っていることを「おかげ」と置き換えてみてください。

そうして、コンプレックスを起爆剤にすれば何ができるかを考えてください。

いまあなたが見ている世界が違って見えるはずです。

なぜなら、欠点だと思い込んでいたことが武器に変わっているからです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ