日別アーカイブ: 2017年8月9日

借金返済のコツ~抱えきれない借金がある方へ


こんにちは、佐藤康行です。

もし、あなたに抱えきれないほどの借金があったらどうしますか。

催促の連絡がきても怖いから逃げるでしょう。

私なら、自分から借金取りを追いかけます。

彼らは、逃げれば逃げるほど、追いかけてきます。いつ取り立てがあるかびくびくして、隠れるようにして暮らさなければなりません。

だからそうならないように、自分から借金取りに連絡するのです。

約束した金額すべては返せなくても、「これだけなら払えます」と。

そうすれば、闇雲に電話がかかってくるようなことはなくなりますから。

これは私が実際に経験したことです。

レストランの経営をしていたとき、狂牛病(牛海綿状脳症)の影響で経営が厳しくなったことがあります。

払えるお金がないから、借金取りとはコンタクトをとりたくない。できれば、会わないで済ませたい。でも、そこで逃げたらダメなんです。

「すみません。これだけで」

そう言っても、相手は約束した金額に足りないので受け取りません。

「必ず2年以内に会社を立て直しますから」と言って、頭を下げました。丁寧に頭を下げて、お願いしました。銀行、ファイナンス会社など30社以上もあったでしょうか。彼らとヒザを突き合わせて交渉しました。すると、最後にはそれでおさまったのです。車を持っていかれたときには、さすがに淋しかったですが……。

もし、借金のある方は実践してみてください。借金をしているときは相手から追いかけられるから不安になるのです。

「いつになったら返すんだ?」

「とっくに期日は過ぎてるぞ!」

「踏み倒すつもりじゃないだろうな?」

そんなふうに責められれば、誰だって怖い。でも、最後は、腹をくくるしかありません。

腹さえくくれば、何とかなります。

借金を苦に自殺する人がいますが、お金がなくて死ぬわけではありません。借金に追われて、不安になって死を選ぶのです。死ぬくらいなら、借金取りを追いかけたほうがいい。

借金取りから逃げる心が苦しい。逃げることによって、妄想が膨らみ、どんどん恐怖心が大きくなっていきます。

最後には、借金取りではなく、妄想に押しつぶされるのです。

でも、借金取りを追いかければ、自分の中の妄想はなくなります。

当然、苦しくなくなります。

借金を返せないという事実は変わりませんが、状況は一変します。

人間、目に見えないものは怖い。しかし、正体さえわかれば、怖さは半減しますから。

クレーム対応も、構造的には同じです。

逃げるから、苦しくなるのです。

自分を守ろうとして、守りきれなくなって苦しくなる。簡単に言うと、クレーム対応は、ボヤ騒ぎみたいなものです。

早めに気づいて対処すれば、火は大きくなりませんが、放っておくとすぐに手がつけられなくなります。

クレームに必要なのは、迅速な対応(現状把握)と謝罪です。火が大きくなってしまえば、消すことは難しい。中途半端なことをすると炎上してしまいます。

とにかく最初が肝心。鎮火するためには、一切言い訳せずに謝罪することも、ときには必要です。原因究明や再発防止の対策は後からでいいのです。

クレームを大きくしてしまうのは、自分を守りたい気持ちが強すぎるから。

中途半端な謝罪は、相手の怒りに油を注ぐことになります。自分の恥や見栄が、クレームを大きくする原因です。

そんなものを取っ払って、自分を守る意識を捨て去れば、クレームは消えてなくなります。

自分の心が、クレームをつくっているのです。

悪口もまた、同じです。

自分の心がつくっているのです。

若くして出世すると、社内で陰口を叩かれることがあります。

実際にはそうじゃないかもしれないけど、文句を言われているような気がする。

「あいつ、調子に乗ってるんじゃないか」とか、「自分だけで仕事してる気になってるぜ」とか。

それは、自分の心が言っているのです。

悪口を言われる恐怖をなくすには、指摘される部分をなくすしか方法はありません。

すぐになくすのは難しくても、改善する努力をする。

そうすれば、悪口の恐怖はなくなります。

悪口を言うのは、他人の口ではなくて、あなたの心。

借金でもクレームでも悪口でも、命まで取られることはありません。

まずは逃げずに立ち向かうこと。

そうすれば、恐怖は軽減されますし、うまくすれば勇気が湧いてきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ