日別アーカイブ: 2017年11月3日

営業の悩み相談 時間管理の仕方が下手なのですが何かよいアドバイスをください


こんにちは、佐藤康行です。

Q.時間管理の仕方が下手なのですが何かよいアドバイスをください。

A.まずメンタリティーの面でいうならば、究極の時間管理は、人間はいつか必ず死ぬということを意識することなのです。

そうすると、時間には限りがあるということがわかります。100%死ぬんだということを自覚した時、時間は命になります。バチッとそう思えた時に、「絶対大切にしよう!」という心になるのです。

そして今日1日を大切にするためには、今何をやるべきなのかを考えることになります。自分が今やるべきことの中で、一番価値ある優先事項は何なのか?

それを自分自身に問いかける時、究極的には命の単位で考えるしかないのです。自分の命を生かすためには、今何をすべきかを考えてみるのです。

ですから、具体的な面でいえば、時間管理の方法で最も大切なことは、優先順位をつけ優先順位の高い順番に動いていくことだと思います。そうすれば、いつの時点でも一番大切なことに時間を使うことができるからです。

では、どのように優先順位をつけるかということが問題になってきます。

私は、次の二つを優先順位を決める基準にしました。

一つは、お客さんに喜んでもらえること。二つ目は、自分自身の能力が発揮できて、成長ができること。

今までの多くのセールスマンや販売会社は、早く成約できそうなお客さんや、多く売上の上がりそうなお客さんを優先順位の一番に持ってきているように思います。

私の場合は、そういうことはあまり考えず、どうしたら目の前のお客さんが喜んでくれるだろうか、どうしたらもっと自分が成長できるだろうかという観点で考えて動いてきました。

以前私は、自分の成長のために、わざと条件の悪い地域に売りに行ったりしました。

宝石のセールスをやっていた時、最初の私のテリトリーは福井県、和歌山県、岐阜県の三県でした。どこに行ってもよく売れました。行く所行く所「あら佐藤さんよく来たわね」と大歓迎され、ほとんどのお客さんは買ってくれました。そして紹介もジャンジャンもらいました。

そんなある時、私はこのままでいいのだろうかと考えました。最近売れているのはただお客さんと親しくなったから、つきあいで買ってくれているんじゃないだろうかと思えてきました。そしてこのままだと、セールス力が落ちてしまうんじゃないかと疑問に思えました。

「よし、今度は全く知らない人ばかりの所へ売りに行こう!」

その時は冬でしたので、「どうせ行くなら一番大変な所に行こう」そう決めて、私は突然日本の最北端、北海道の稚内に行くことにしました。

自己の成長ということが、売上を上げるということよりも優先順位が上でしたから、こんな決断をあっさりできたわけです。私の行動は会社の人たちにはほとんど理解されませんでした。

そして先にも書いたように、結果的にトップセールスを上げることができました。

現在では、自己の成長よりもさらに、相手に喜んでもらうということが優先順位が上になりました。

“求めよさらば与えられん”という言葉がありますが、これからの本物の時代は“与えよさらば与えられん”だと思います。求めるための優先順位と与えるための優先順位があるのです。

自分の損得だけの優先順位で動くと疲れますが、相手のお役に立つための優先順位で動くと疲れません。やればやるだけ元気が出てくるのです。

そもそも、本当にお役に立ちたいと思っていれば、どんどん電話もできるし、訪問もできるはずです。電話ができないとか、お客さんの所に行く足が重いというのは、お役に立てないと思っているからです。

お客さんを喜ばせることを優先順位の一番に持ってくることが、結果的に最も上手な時間の使い方だといえるのです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ