日別アーカイブ: 2017年11月11日

営業の悩み相談 成績のムラをなくすにはどうしたらいいですか?


こんにちは、佐藤康行です。

Q.成績のムラをなくすにはどうしたらいいですか?

A.成績にムラがあるのは、精神的にムラがあるからです。お客さんの反応によってイチイチ感情的に振り回されたり、ちょっと不調になると精神的に落ちこんだりするからです。

セールスというのは、いい意味である程度機械的に動かないとダメなのです。感情を入れ過ぎると逆効果になります。また、感情が必要以上に入ると、時にはお客さんをイヤな人に思えてくることもあります。

健康食品を販売しているある30代の女性から、こんな質問をされました。

「私の知人に、体が弱くていつも医者にかかっている人がいるんです。医者のいうことだけを信用していつも薬漬けだから、彼女のためと思って何度もこの自然健康食品の話をして勧めているのに、全然耳を貸さないんです。先生そういう人にはどういったらいいんでしょうか?」

私には、彼女がその知人のために、誠心誠意伝えようとしているのがよくわかりました。そしてその上で私は次のようにいいました。

「あまりその人にこだわっていると、その内その人がイヤな人になってしまいますよ」

こんなに一生懸命伝えているのに、聞いてくれない、わかってくれないと思うと、その内にその人のことを嫌いに思えてくるのです。

思い入れが強い分だけ、(あんなに分からず屋だとは思わなかった…)とマイナスの感情が出てくるのです。

そうすると、片一方ではファンを作りながら、もう片一方では敵を作ることになってしまいます。これでは、究極のセールスとはいえません。

世の中には本当にいろんな人がいます。考え方も趣向も百人百様なのです。

すんなりと納得して買ってくれる人もいれば、熱をこめていえばいうほど反発する人もいるのです。

わけのわからない人もへそ曲がりの人もたくさんいます。まずは、いろんな人がいるのだということを受け入れてしまうことです。

現在の自分の能力で対処できる人もいれば、まだ対処できない人もいるわけです。

ですから、一人のお客に一生懸命やって、(わかってくれない…)といって悩んだり落ちこんだりする必要はないのです。

それよりもそんなことをしている間に、本当にあなたを求めているお客さんがいるかもしれないのですから、そちらの方に行った方がずっといいのです。

自分に力が足りなければ、無理なものは無理です。そういう時は(今はまだ無理だな。今度は買ってもらえるように力をつけよう!)とパッとあきらめることが肝心なのです。そして次に持ち越さないようにさっと切り替えることです。

これを(どうしてダメなんだろうか…?何がいけなかったんだろう…?)などと考え込みながら次のお客さんの所に行くと、次の商談に悪影響を及ぼしてしまいます。

ですから、結論的にいうと、私はどんどん数を当たった方がいいと思います。特にまだ力がない間は、会う人の数をとにかく増やすことでしょう。

そうやっていれば、それほど成績にムラが出てしまうということにはならないはずです。不調だと思うときでも、ある程度安定した売上が上がってくるはずです。

またもう一つ、私独自の方法も紹介します。

私でも必ず毎日が絶好調というわけではありません。どうにもこうにも調子が出ない時もありました。

そういう時私は、一人だけになる時間を作りました。空いている喫茶店に入って、何もしないでただじっと目を閉じているのです。

そうすると心とは不思議なもので、まるでコンピュータが自動的に故障個所を処理してくれるように、パッパッパッと整理をしてくれるのです。

自分では何も意識しなくても、ちゃんと自動制御システムが働いてくれるのです。

目がパッと開いた時には、すっかり心は整っていて、気合十分、エンジン全開です。ですから、私は成績にムラが出ることはありませんでした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。本当にありがとうございます!

下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ