佐藤康行公式[お金の不安が解消するブログ]

お金に愛され幸せになるコツ

19.自己暗示の問題点4.感性が鈍くなる

calendar


いつもご覧下さりありがとうございます。 下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください! (毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

 

にほんブログ村 マネー(お金)


こんにちは、佐藤康行です。

四つ目は、自己暗示ばかりをかけていると、本来の感性が鈍くなってしまうということです。
例えば、ある料理を食べる時に「これは美味しい食べ物だ」と自己暗示をかけてから食べたとしたらどうでしょうか?
仮に本当に「美味しく」食べられたとしても、それでは、本当の味覚を味わうことはできません。
そのものの味を素直に感じてみて、初めて本当の味を味わうことができるのです。
そこには、「ああ、こんな味もあるんだ!」と新しい味の発見があるかも知れません。
また、逆に「まずい」と感じたら、奥さんの手料理の美味しさを再確認できるかも知れません。
それに、単純に「美味しい」「まずい」の価値判断にしてしまうのも問題です。
まずくても、そこには自分にとって必要な栄養分が含まれているかも知れません。
どんな美味しい料理よりも、はるかに体に良いかも知れないのです。
ありのまま、そのままを事実として受け止められるような感性が大切なのです。
自己暗示をかけてしまうと、自分の感性を鈍らせてしまうのです。
味覚が鈍れば、どの店の料理が美味しいのかがわからなくなってしまいます。
美味しいものは美味しい、まずいものはまずいと素直に感じとれる感性は失ってはならないのです。
感性は人間に必要だから与えられているのです。
人に対しても、「好きだ。好きだ」と無理やり自己暗示をかけて好きだと思うのではなく、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いと、素直に感じる心の方が大事なのです。
素直な心を持ち自分の感性を磨くことが、まずは第一段階なのです。頭で「好きだ」と納得させていたら、それ以上は何も感じなくなりますが、素直に「どうしてもこの人は嫌いだ」と感じたら、その時に、「どうしてこんなにこの人のことが嫌いなんだろう?」と疑問を持つことができます。
そうすると、そこから一歩先に進むことができるのです。
「嫌いだ」と思っているのは、実は潜在意識で思っているに過ぎず、さらに深いところでは、誰も嫌っていない、憎んでいない本当の自分がいるのです。
誰をも愛している愛に溢れた内なる自分がいるのです。
その自分を発見する方向に向かっていけば、本当に素晴らしい体験をすることができるのです。

にほんブログ村 マネー(お金)

The following two tabs change content below.
成功遺伝子をONにせよ

成功遺伝子をONにせよ

佐藤康行です。今日も最後までご覧頂きありがとうございました。 今回の記事は2007年に出版の書籍をもとに記事にしております。 明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

folder 「仕事・お金」このワンフレーズがあなたの運命を変える

9.弱い人ほど、本当は強い
34.仕事が嫌いになったら?今の仕事が嫌いな人へ
more...

folder 「成功・運を拓く」このワンフレーズがあなたの運命を変える

15.人間関係の原点は両親にあります
14.成功者に親不孝なし
more...

folder お金に愛される誠意(まごころ)の力

1.お金と心について
19.本当の自分の開発は手段ではなく目的そのもの
more...

folder 復活のセールス

22.一人立ち
21.組織改造
more...

folder 成功の女神に好かれる人嫌われる人

52.周りと調和する方法
51.相手を自立させる方法?これからの教育の原点
more...

folder 無限のセールス

90.二度と無い一度の人生だから
89.今に生きる
more...

folder 脳ミソをぶっ飛ばす新成功哲学!!

38.最大の社会貢献は自分自身が輝くこと
37.究極の命題「人生の目的」とは…?
more...