佐藤康行公式[お金の不安が解消するブログ]

お金に愛され幸せになるコツ

37.心のチャンネルを変えた瞬間から営業は変わる

calendar

いつもご覧下さりありがとうございます。 下記の2つのバナーをクリックしてランキングにご協力ください! (毎日、皆さまに下記のバナーを押していただくことで、世の中に本当に大きな影響を与えています。)

 

にほんブログ村 マネー(お金)


こんにちは、佐藤康行です。

私は、早くから「営業は一秒で決まるんだ!」と気づいていたが、実はそういう確信を持つに至る決定的な出来事があった。
そして、この時の経験が、私のその後の人生を大きく変えることになったのだ。
それは、宝石のセールスをしていた23歳の時のことである。
私は、ある中華料理店の奥さんに宝石のセールスをしていた。
その奥さんが指輪を気に入ってくれて、今にも買ってくれそうな気配だった。(あ、もう一息で売れるぞ!)と思い、一生懸命セールスしていた。
もう契約は時間の問題だった。
ところがその時、“ピンポーン”と、ドアチャイムが鳴ったのだった。
「どなた〜」
「こんにちは。ト○タの鈴木です!」
玄関から入って来たのは、某大手自動車メーカーのセールスマンだった。
このセールスマンは、以前から奥さんと顔見知りらしく、私の隣にドッカと座った。
しかし、私の方が先客だったので、彼に構わずセールスを続けた。
そのセールスマンは、私に名刺を見せてくれと言うので、私は自分の名刺を差し出した。
すると、私の名刺と私の顔を見比べながら、こう言ったのである。
「あなたみたいな若い人が、何十万とか何百万という宝石を持って歩いても売れないでしょう。
奥さん、宝石はもっと信用できる所から買わなくてはダメですよ。
こんな石っころだか何だかわからないものを、どこの馬の骨だかわからないセールスマンから買って、万一トラブルでも起こったらどうするんですか」
その言葉で、今までのムードが完全に壊されてしまった。
奥さんから、買い気が見る見る引いていくのがわかった。
「そう言われればそうよね。宝石屋さん、悪いけど、また今度にしておくわ!」
その瞬間、私の頭にカーッ!と血が上った。
(この野郎!ふざけやがって!いくら自分の会社が大手だからって、人の会社や人をバカにすることはないじゃないか…。表に連れ出してぶん殴ってやる!)
そのセールスマンを睨んで、「表に出ろ!」という言葉が今にも出かかった次の瞬間だった。
なぜか私の心にブレーキがかかったのである。
(待てよ!オレは自分を磨くためにセールスの仕事をしているのだ。
ここでこのセールスマンとケンカをしても何も得られないではないか。
よし!考え方を変えよう!
このセールスマンに売れなかった責任を取ってもらおう。
責任を取ってもらうということは、このセールスマンに宝石を買ってもらうことだ。
よーしそれも、何が何でも絶対に、今日中に買ってもらおう。
明日とかあさってとかではなく、今日中に絶対買ってもらおう!)
私は、一瞬にして心のチャンネルを切り替えたのである。
しかし、脅しても売れないから、気に入られて売るしかない。
私は、ニコッと笑顔を浮かべ、ペコリと頭を下げてこう言った。
「先輩、私はまだまだ未熟ですから、セールスのことをいろいろ教えてください!」
しばらくセールスマンは怪訝そうな顔をしていたが、そのセールスマンの靴を磨いたり、煙草に火をつけたりして、遂にその日一日、鞄持ちをさせてもらうことになった。
そのセールスマンは、「セールスというのはだな…」といろいろ教えてくれた。
私は、「さすが先輩違いますね〜」と相手を立てながら、相手の言葉をメモを取り気に入られるようにして、そのセールスマンが気を抜いた合間に宝石のセールスをしながら、とうとうその人の家までついて行った。
家には、奥さんとお嬢さんがいた。
私はその奥さんに宝石を見せながら、全力でセールスした。
「奥さん、宝石というのは、奥さんが永年身につけて、それから子どもに残していくものなのです。
お母さんの心が代々残っていくのです。
この指輪を見るたびに、お母さんのことが心に浮かぶのですよ。
お母さんの心が残っていくのですよ。
実はこれは指輪でもなく、宝石でもなく、お母さんの心そのものなのです」
私は必死になって、思いつく言葉を全て並べて、一生懸命セールスした。
追い出されそうになると、「かわいいお嬢さんですね」などと、話題を変え、相手に好かれるように心掛けながらセールスしているうちに、あっという間に夜の十一時になっていた。
奥の部屋で奥さんが、そろそろ帰れとばかりに見えるように布団を敷き始めていた。
それを見て、私は、(なにくそ!よ〜し、もし家族が寝たら、オレは絶対に朝まで枕元で一人でしゃべり続けて寝させないぞ!)と心に誓ったのだ。
そして、昼の十一時から夜の十二時まで粘りに粘った結果、とうとうそのセールスマンは観念して、当時のお金で四十万円のダイヤモンドを買ってくれたのだった。
私は、その家から帰る時、極限まで全神経を集中させていたので、ふらふらになって倒れそうになった。
しかし、次の瞬間、ふっとあることが頭に浮かんだのだ。
(オレの持っている商品には、二〜三万円の安いものもあったのに、あの人はわざわざ四十万円のダイヤモンドを買ってくれた。
最初、オレのことを馬の骨や石っころ呼ばわりした人に、たった一日で信用させて売ってしまったのだ。
あっ、そうか。本当に宝石を欲しくなったのだ。オレの誠意が伝わったのだ!)
そう感じた時、疲れがすっ飛んでしまって、嬉しくて足取りが軽くなり、「そうか、わかったぞ!」と大声を張り上げていたのだった。
私はこの体験で、どんなことでも、実は全て自分の心の問題だということを感じ取ったのである。
買ってくれそうな人、買わなさそうな人、全て自分が勝手に決めていただけだ、ということに気がついたのだ。
このことに気づいた時、私は心の底から感動し、いつまでも涙が溢れ出てきた。
この体験で、私の運命は大きく変わったのである。
そして、この時以来、全ての人が良い人に見え、全ての人がお客様に見えてきたのだ。
「セールスとは、市場を開拓するのではない、自分の心を開拓するのだ」ということを、私はその時学んだのである。
◎セールスとは、市場を開拓するのではない、自分の心を開拓するのである。
◎心のチャンネルを切り替えた時、営業に不可能はなくなる。

にほんブログ村 マネー(お金)

The following two tabs change content below.
営業マンは1秒で変わりなさい

営業マンは1秒で変わりなさい

佐藤康行です。今日も最後までご覧頂きありがとうございました。 今回の記事は2000年に出版の書籍をもとに記事にしております。 明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

folder 「仕事・お金」このワンフレーズがあなたの運命を変える

9.弱い人ほど、本当は強い
34.仕事が嫌いになったら?今の仕事が嫌いな人へ
more...

folder 「成功・運を拓く」このワンフレーズがあなたの運命を変える

15.人間関係の原点は両親にあります
14.成功者に親不孝なし
more...

folder お金に愛される誠意(まごころ)の力

1.お金と心について
19.本当の自分の開発は手段ではなく目的そのもの
more...

folder 復活のセールス

22.一人立ち
21.組織改造
more...

folder 無限のセールス

90.二度と無い一度の人生だから
89.今に生きる
more...

folder 脳ミソをぶっ飛ばす新成功哲学!!

38.最大の社会貢献は自分自身が輝くこと
37.究極の命題「人生の目的」とは…?
more...