病原菌や悪霊に打ち勝つ必殺法!

ei

こんにちは、佐藤康行です。

私たち人間は目に見えない妄想により自分を縛られることがあります。

今回のコロナウイルスはまさにその典型と言えるでしょう。

私が子供の頃、雨の日に外に出ると、雨の中に放射能が混じっているとデマが街中に流れ、皆、怖がっていました。

実際にその雨にあたると、頭がハゲると言われましたが、そんな人を1人も見たことはありません。

色々な風評被害、トイレットペーパーが街中から無くなりました。

O157のときは、かいわれ大根が犯人だということで、かいわれ大根を使った料理は全部無くなりました。

私は当時ステーキ屋を経営しており、狂牛病で牛の足がもつれて倒れていく姿をテレビで何回も見せられ、そのことによって、お店の業績が思いっきりダウンしました。

福島の震災後、放射能の風評被害。

そういうマスコミから流される情報により業績がダウンする。
恐ろしいことです。

コロナウイルスより怖いのは、マスコミウイルスかもしれません。

もしかしたら、コロナウイルスで死ぬ人より、経済が落ち込んで自殺する人のほうが増えるかも知れません。

今こそ、「真我の実践」ですので、「真我の実践」を1日1万回くらい唱え、もちろん、マスクをするのも良いでしょう。

ワクチンが開発されたらワクチンを受けるのも良いでしょう。

自分の身を自分で守ることは大切なことです。

しかし、最も自分を守るのは「真我の実践」です。

ぜひ、「真我の実践」を唱え続けて下さい。

【緊急動画】新型コロナウイルス感染症から自分を守る免疫力!人間には無限の免疫力がある



【毎日8時更新中!本日の公式YouTube】


このページの先頭へ