「社会の常識」と「生命の常識」の違い

172ei

佐藤康行です。

昨年「真我の実践会」を開始するにあたっての、私が話したスピーチを一度聞いてみました。

それは、社会の常識という人間が作った常識と、生命の常識は違うのだという話です。

当然、生命の常識が優先されます。

生命の常識、これが今年になるとコロナウイルスというまさに人間が作った常識から生命の常識にスイッチが変わりました。

オリンピックも延期され、やれるかどうかわからない状況になっています。

そしてそれを目当てにしたビジネスとか、全滅になりそうな、そういう状況になりそうです。

そして家から出てはいけない。

人があつまってはいけない。

夜、出歩いてはいけない。

全部ネットの社会になり、私が予知していたものが、今100%当たっています。

そして去年から1年かけて、全部準備して、準備万端に待って、「真我の実践会」に入会された方がもっとも安全で安心で、もっとも豊かな道が用意されている事がわかりました。

なんて凄いことなのだろう!

私は、そのために生まれてきたのだということが明確になりました。

ぜひ真我の拡散を唱えながら、真我で日本を、世界を盛り返していきましょう。

皆さまと一緒に、それが本当の仕事なのです。

佐藤康行と一緒にやる仕事なのです。

ぜひぜひその思いでスイッチを入れ直していきましょう。

ありがとうございます。

【緊急動画】新型コロナウイルス感染症から自分を守る免疫力!人間には無限の免疫力がある



【毎日8時更新中!本日の公式YouTube】


このページの先頭へ