人生の原点を考える

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「人生の原点を考える 」
というテーマでお伝えします。

どんな親にも両親がいます。

親を大切にしない人が、
他人を大切にできるはずがありません。

他人を大切にしない人が、
成功できるはずがありません。

こういう原理が成り立っているのです。

神様が大地だとしたら、
親は根っこです。

神様の大地から
栄養分を吸い取るためには、
やはり根っこが必要なのです。

栄養分を吸い取って、
幹になり実になるのです。

根っこを切り取って、
実がなるわけがないのです。

つまり、
仮に大嫌いな親だとしても、
心の中で切り捨ててはいけないのです。

では、親と繋がっているためには
どうしたらいいのでしょう。

まず、親に感謝することです。
それで、心の繋がりができるのです。

親が生きていようが
亡くなっていようが同じなのです。

どんな親でも親は親です。

その親がいなければ、
あなたはこの世に存在していないからです。

親がパイプとなって、
私たちは生きているのです。

それは動かすことのできない事実です。

誰にも変えることができないのです。

私たちの人生を、まず原点、
つまり、根っこから考える必要があるわけです。

真我開発講座を受けた方で、
子宮筋腫の人がいました。

しかし、参加しただけで
それが治ってしまったのです。

この方は、
ご主人のお父さんを恨んでいました。

ご主人がお父さんとダブり、
夫婦仲もよくありませんでした。

ご主人と上手くいかないから
病気になってしまったのです。

子宮筋腫が治ったのは、
病気の原因を取り除いたからです。

病気は心の現れなのです。

不調和の心をどこかで持っていたから
病気になった、ただそれだけです。

病気はあくまでも
自分が作ったものであって、
神が作ったわけではないのです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ