自分という命の生かし方

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「自分という命の生かし方」
というテーマでお伝えします。

自分がやりたいこと、
やるべきことを知る方法について
質問がありました。

それを知るためには、
自分が今まで歩んできて、

最も自分の力が出たなと思う時と、
その出た力が人に喜ばれたなと
いう時を振り返ってみてください。

人に喜ばれて役に立っている、
そして自分の力が出ている。

この2つが重なるだけでも、
全然、変わります。

もうすでに
「なりたい自分」ではなく
「なっている自分」がいるのです。

「なりたい」というのは、
チューリップなのに
バラを目指したりしかねません。

全然向いてないことを勝手に
「なりたい」と目指している
ということになります。

自分がいくら力が出ても、
相手から嫌がられたら
それは続かないでしょう。

人にいくら役立っても、
やっていることが苦痛だったら
続かないでしょう。

でも、もうすでに生きている
自分の個性があるわけです。

それを発見するのです。

今まで生きてきた何年かを
振り返ってみるのです。

「あの時に最も力が出て、
最もやる気が出たな」

「最も人に喜ばれたな」と
いうものがあったら、すぐに
浮かび上がってくるはずです。

どなたでもあるはずです。

それは、仕事であるとか、
そういうのも一回こちらに置いて、

自分という命の部分の
生かし方を考えるのです。

自分という個性が最大限に出て、
その瞬間に相手のお役に立っている。

人に喜ばれている。

その2つです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ