夫婦関係と子育て

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「夫婦関係と子育て 」
というテーマでお伝えします。

子供にとって
お父さんとお母さんは、
世界にたった一人です。

まちがいなく
たった一人であり、
二人で一つの両親という言葉に
なります。

ですから、
父と母の間に少しの歪みがあると、
後々の子供に影響を与えることは間違いないでしょう。

それを修正するには何が必要でしょうか。
それはただ一つ、

「愛」しかありません。

もともと、愛で生まれた。

愛で育った。

すべて全身の愛です。

それは父性の愛と母性の愛。

その役割は全く違います。

一言でいうと、
母性は
包む愛。

父性は
放しながら自立をさせる愛。

そのことがわかってくると、
子育ては変わってくるでしょう。

そのバランスによって
子供は良くなっていきます。

伴侶と普段から愛情表現について
話し合ってみたらいいです。

お互いの役割について。

私が子供のころ、
親父に叱られ泣いていた時に、
おふくろがこっそり助けに来てくれたことがありました。

両方とも愛情なわけです
悪い事したら叱るのも愛だし、
許すのも愛。

そういう連携が大事なのです。

両方必要です

両方あれば万全です。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ