強運の上にある「神運」とは?

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「強運の上にある「神運」とは?」
というテーマでお伝えします。

一般に、運には良し悪しがあります。

あるいは、幸運?不運?
ということも、よく語られます。

幸運についていえば、さらに、
強運という言葉もあります。

しかし、この幸運も強運も
全て己自身についてのことです。

幸運を追求することは、
エゴにつながっていく可能性があります。

そして、
幸運・強運の更に一段上に、
『神運(しんうん)』というものがあるのです。

『神運』

神の運です。

この「神運」ということばが
突然私に出てきたのは、
今から16年前に脳出血で倒れて、
左半身麻痺になった時でした。

「これだけ人様の為にやってきたはずなのに、
なぜこんな体になるんだ」

「私は何か悪いことをしたのか」と、
自分に問いかけました。

そのとき「神運」という言葉が、
インスピレーションで出てきたのです。

「そうではない」と。
「幸運、強運や不運とかではないんだ」。

辛い思いをするのは、
人様の痛みや苦しみをちゃんと理解でき、
その身になってあげられる。

その苦しみや辛さは、
その為の財産なんだということなのです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ