愚痴や不平不満から気づきを得る

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「愚痴や不平不満から気づきを得る」
というテーマでお伝えします。

他人の愚痴や不平不満を
聞かされたとき、

相手のネガティブな感情に
引きずられない方法があります。

それどころか、
その方との人間関係を
良くすることすらできるのです。

愚痴や不平不満を言う人がいたら
「ああ、そうなんですか」と、
まずはその話を聞くのです。

次に
「家庭(職場)のこと、
一生懸命考えているのですね。

一生懸命だから愚痴が出るんですね。
素晴らしい」と返してみましょう。

愚痴や不平不満の
内容そのものは聞いても、
すぐに流してしまうのです。

愚痴のその奥にあることを
聞き取るのです。

相手はグチの対象に対して、

「こうなったらいいのに、
こうなって欲しい」

という思いがあるのです。

何を望んでいるのか?

そこを聞き取るのです。

あなたの意見を言ったり、
異論や反論はよくありません。

相手がどんなに悪口を
言ったとしても、
文句を言ったとしても、

「ああ、そう、へえ~」と、
まず聞きましょう。

そして
「私にはあなたが悪口を言って
いるようには聞こえませんよ。

一生懸命職場や家庭のこと思って
いるようにしか聞こえません」と
返してみましょう。

なぜなら、
目の前にいるその相手には
黄金の心があるからです。

ただ、そのことに
気づいていないだけなのです。

不思議なもので、
そこに自分の気づきがあるのです。

相手の言葉を
グチとしてしか聞けない自分に
問題があると思えるようになります。

まずは聞く。

それが習慣化したら、その後の
人間関係が劇的に変化するはずです。

グチを聞くことが
自分の気づきになるのですから、

聞けば聞くほど心が磨かれ
気づきが得られるのです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ