心が行動を決めている

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「心が行動を決めている」
というテーマでお伝えします。

私たちは、たとえ無意識でも、
心で思ったことを行動にしています。

言葉に出す前に
心に思っていることがある。

心に思ってから、
言葉に出す。

行動する前に、
心に思っていることがある。

人は、
どんなことでも、

心に思ってから、
行動に移すのです。

つまり、
心が行動を決めているといえるのです。

そして人は、
行動や仕草などのように、
表面に出さなくても、

日常生活の出来事に対して、

「幸か不幸か」
「成功か不成功か」

などすべて
自分の心で決めています。

身の回りに起きる出来事について
とらえ方や、それに対する思いは、
他人が決めているわけではありません。

すべて自分で、
自分の心で決めているのです。

もしも、あなたが悩みや苦しみ、
問題を抱えていたり、
無意識であっても、

物事が悪い方向へ進んでしまうと
感じているのなら、
まずあなたの心の問題を解決するのです。

すると、それらの問題や悩みは
すべて解決できるのです。

解決策を外に求めるのではありません。
自分の心を見つめていくのです。

あなたの心を見つめることが、
あなたの問題を解決する方法なのです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ