物事の本質を見抜く

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「物事の本質を見抜く」
というテーマでお伝えします。

真我を開くことで、
物事の本質を
即座に見抜けるようになります。

人間はそれまでの人生で
教わったことでしか、
物事を考えられません。

培ってきた知識、
そして、固定概念の枠でしか、
物事を見ることができないのです。

本人の価値観なら、
その価値観という枠の中からでしか
見れません。

ですから、全く違った国で、
違った考えの中で育てば、
全く違う見方をするでしょう。

聖書を学んだ人は聖書の価値観で見る。

仏教を学んだ人は仏教の価値観で見る。

価値観同士がぶつかるのです。

真我を開くと、
そういった固定概念や価値観が
みごとに全て外れます。

そして、
透明に物事を見ることができるのです。

透明な目で見たときに、
初めて物事の本質が
見えるようになるのです。

そうなると見たものに対して
一瞬で判断できるようになるのです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ