生老病死・愛別離苦を救う方法

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「生老病死・愛別離苦を救う方法」
というテーマでお伝えします。

仏教でこのような言葉があります。

生老病死、愛別離苦。

これは、人間の苦しさを総称してます。

この中にあるように
生きていることさえも
苦しみに入れています。

老は年を取って衰えていく。

そして病気。
殆どの人が病気で死んでいきます。

そして、死ぬ。
死によって、愛する人と別れる。

この生老病死、愛別離苦

これを救う方法が
世の中にあるでしょうか。

何をやれば、救われるのでしょうか。

今、コロナウイルスという
たった一つのウィルスで
世界中の人が恐怖に怯え、
誰も止められません。

これが証拠です。

科学が進化したから
人間は幸せになれるなどと、
少し錯覚をしてるところがあります。

もっと根本的なものを
大切にしなければなりません。

人間の頭の世界。

例えば
戦争の道具を、
とても頭のいい人間が開発に成功し、
一発で人類を滅亡させることになったら、
頭がいいということは逆効果です。

成功や頭がいいということが、
逆効果になってしまうのです。

もっと根本的なもので、
魂を浄化し、
次元を上げていかなければなりません。

真我は、
真(まこと)の我(われ)です。

真の我は、神の我です。

これに目覚めることです。
真我は究極の愛です。

神の愛です。

故に、生きることが幸せになっていく。

真我は神ですから、
年を取らない。

肉体は年を取りますが、

魂は年を取らない。

真我の世界に病気はない。
それを前提にする。

ガンが、内側からだんだん消えていく。
うつ病が、薬を使わずに治っていく。

実際に、薬を使わずに治していく病院を作り、
結果を出しています。

これを前提だとするのです。

魂は死なない、
真我は死なない、
神は死なない。

死なない命です。
永遠の命なのです。

そのことをここでやっています。

この真実を知るのです。

どんなものよりも大切な、
究極のことをやっているのです。

皆さんは、
永遠の命であり、神の愛ともいえる
真我開発の縁に恵まれていらっしゃるのです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ