神を自覚する

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は
「神を自覚する」
というテーマでお伝えします。

あなたの究極は神なのです。
例外はありません。

それを自覚するのです。

神というのは愛です。

たとえば誰か物をがつくる場合、
見やすいように、
使いやすいようにつくります。

なるべく使いづらく、
見づらくつくる人はいないはずです。

そういう意味で
愛が物をつくるといえるのです。

相手のためと思って、
愛でやらなければ、
いい物は作れません。

人間もまったく同じです。

目、鼻、口、体は
ちゃんと使いやすいように
できているのです。

ですから、愛がなければ、
それを壊す作業が始まります。

人間の体も同じです。

そして、不完全というものが
私たち人間の心なのです。

完全になって、
不完全を見る。

不完全から完全を見たら、
完全が不完全に見えます。

メガネがデコボコであれば、
真っ直ぐなものでも曲がって見えます。

人間から神様を見ても、
絶対に神様の本来の愛は分からないのです。

いくら見ても分からない。

頭で考えても分からないのです。

どうしたら良いのかというと、
神を自覚し、完全になって
不完全を見ることなのです。

神というのは愛の塊であり、
完全なのです。

素晴らしいのです。

あなたはただ「真我の拡散」を
唱え続けるだけで良いのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ