心の借金を返していく

おはようございます。
佐藤康行です。

本日の
真我、愛のメッセージ
光のエネルギーは

「心の借金を返していく」

というテーマでお伝えします。

長年にわたり、
親を憎んできたという方が
おられます。

私が編み出した真我開発の手法で
真我に目覚め、
あれは両親の愛だったのだと
気づいたとき、
多くの方が号泣します。

何十年もの間、親に悪態をつき、
親を悪人と思って接してきた人は
真我の涙を流した時からの人生で、
長年の悪態や憎しみをいだいていた
年月をどうすればいいのでしょうか?

この時からの実践が大切なのです。

真我に目覚め、
愛に目覚め、
感謝に目覚めたら、

それまでの
両親への悪い行いや思いを
「借金」としてとらえるのです。

そして残りの人生を
その借金を返す人生にするのです。

心の借金は、
決して親からだけではありまえん。

あなたの周りにいる人、
またこれから出会う人々に
心の借金は返済していくのです。

これは親としては、
とても嬉しいものです。

親自身だけではなく、周りの人、
さらには社会全体に対して役に立つ。

そんな素晴らしい子供に恵まれたら、
親は、とてもよろこぶはずです。

申し訳ないという涙を流して、
その心になったときこそ、

借金返済の人生が
始まると思ってください。

その借金は親だけではなく、
あなたが出会うすべての人たちに
返していくんだととらえるのです。

そのことによって
最大の恩恵を受けるのは、
誰であろう自分自身、
あなたなのです。

その次に恩恵を受けるのは、
あなたに近い人、夫であり、妻であり、
子供であり、家族です。

幸せは、そこから広がっていくのです。

真我の追究とは、
そういうことなのです。

しっかりと実践していく。

「真我の実践」
「真我の和解」
そして
「真我の拡散」

を唱えることも、
まず自分からです。

自分から出発していくのです。

あなたはただ
真我愛のテレパシーを

地球人類に向けて
発信し続ければよいのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ