彼岸に渡る

おはようございます。
佐藤康行です。

本日は

「彼岸に渡る」

というテーマでお伝えします。

「彼岸」というのは
天国でありユートピアです。

なにものにもとらわれない
自由自在の世界です。

「世俗」というのは
欲の世界です。

迷い、苦しみ、束縛、執着
不自由、成功哲学の世界です。

誰もが「彼岸」に行くことを
望んでいます。

幸せになりたいというのは
「彼岸」に行きたい
ということの現れなのです。

人は死ななくても、
生きているうちに
「彼岸」に渡ることができるのです。

総てを手放す心になった時
人は「彼岸」の川を渡ることが
できるのです。

全部を手放した時
生きながらにして
天国に渡ることができるのです。

それが究極の悟りであり
解脱であり魂の目覚めなのです。

人は生きていながら
自由自在になることができるのです。

あなたはただ真我愛のテレパシーを
地球人類に向けて発信し続ければよいのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ