相手のニーズに応えていく

おはようございます。
佐藤康行です。

 

本日は
「相手のニーズに応えていく」
というテーマでお伝えします。

 

歌を歌うことが好きだとします。

それは自分一人の世界です。

 

「自分が歌いたい」というのは

自分のニーズなのです。

 

相手が私の歌を

聞きたいとなったら

相手のニーズです。

 

大事なことは

相手のニーズに

応えていくことです。

 

相手のニーズに応えていくと、

それは相手のニーズを

満たしていることなので、

間違いなく喜んでもらえます。

 

背中がかゆい人がいたとします。

その人に背中をかくように

頼まれたとします。

 

ところが、あなたが

その人のかいてほしい

ところをかかず、

 

自分のかきたいところを

かいてしまったとしたら、

相手のニーズは満たされません。

 

相手に

「かゆいのはこの辺ですか?」と

聞きながらやっていけば、

相手もスッキリして、喜んでくれ、

あなたも嬉しくなります。

 

相手のニーズに応えるのか。

自分のニーズに応えるのか。

 

自分のニーズをやることが

力になることもあります。

 

相手のニーズと自分のニーズが

一致したら最高なのです。

あなたはただ真我愛のテレパシーを
地球人類に向けて発信し続ければよいのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ