天命に目覚めた先

おはようございます。

佐藤康行です。

 

本日は

「天命に目覚めた先」

というテーマでお伝えします。

 

「宿命」とは

例えば、生まれた時からもう

経営者にならざるを

得ない環境だとか、

親の後を継ぐとか、

こういう顔で生きてきた。

 

こういう家族で生きてきた。

 

こういう先祖のもとで生まれた。

 

こういう親のもとで生まれた。

 

もうすでに決まっている、

宿っている命。

 

それが「宿命」です。

 

「運命」というのは、

その与えられたものを

例えば、

会社なら会社をよくするとか

どういう風に生きていくのか

ということをちゃんと

ハンドルを握って、

アクセルとブレーキを

うまく使いこなしてやっていく。

 

それが「運命」だと思ってください。

 

では、「天命」は何か。

 

「天命」を本当に

やりきれているのは、

多分、私しか無いでしょう。

 

真我を開発すること。

 

本当の「天命」は

真我の目覚め。

 

真我の覚醒があって、

初めて「天命」が

見えてくるのです。

 

「天命」に目覚めて、悟った、

そこから先の「運命」なのです。


真我の実践
真我の和解
真我の拡散

を唱えることで、
あなたの運命が好転していくのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ