確実に次元が上がってきた証拠

おはようございます。

佐藤康行です。

 

本日は

「確実に次元が上がってきた証拠」

というテーマでお伝えします。

 

自分の次元が高くなったら、

その次元よりも下のことが

もっともらしく書かれている書物などを

読めなくなることが普通です。

 

別に、読み物として、

読めないということではないのですが、

 

あなたがそれ以上の

次元になっているので、

 

あなたの次元よりも下に

落ちたくないということで、

読めなくなるのです。

 

勉強すればするほど

下の次元に

落ちてしまう可能性があります。

 

ですから、

もし、読めない本と出逢った時、

もう少しレベルの高い本を読みなさい

というメッセージだと思ったらいいのです。

 

魂の次元が上がるような

本が良いですね。

 

本を読むことで、

言葉のボキャブラリーが増えます。

 

あくまでも

ボキャブラリーのために

そういう本から学ぶ

というのもいいでしょう。

 

でも

読む必要が無いと思ったら

別に読むことはありません。

 

私は本を二、三行読むと、

その本の全体がわかります。

 

その著者の次元が

書いている途中に

上がることはありません。

 

だから

二、三行、読んだだけで

大体、この本はこういう本だなと

わかるようになりました。

 

そうしたら、

読む必要性が

なくなるわけです。

 

ご心配なく、

大丈夫です。

 

確実に次元が

上がってきた証拠です。


真我の実践
真我の和解
真我の拡散
真我の降臨

を唱えることで、
あなたの運命が好転していくのです。

ありがとうございました。

佐藤康行公式メールマガジン

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ