いかなる場合も真我を一番にする

おはようございます。

佐藤康行です。

 

本日は

「いかなる場合も真我を一番にする」

というテーマでお伝えします。

いかなる場合も
真我を一番にすることです。

余命宣告されようがされまいが、
そちらではないのです。

あくまでも
真我を一番にするのです。

最近ガンが消えた人が
たくさんいらっしゃいます。

この皆さんは
真我を一番にした人ばかりです。

真我を一番と言っても
わからないかもしれませんが、

要するに、
「佐藤康行に焦点を当てる」
ということです。

私という、
目に見えるものがあった方が
的が絞りやすいのです。

徹底的に真我。
徹底的に佐藤康行。

そうしたら脳腫瘍であっても
腫瘍が消えた人がたくさんいます。

私はもう30年以上やっていますが
もうそんな人をたくさん見てきました。

だから、ある意味
命がかかっているというのは、
真我にとって一番良い環境なのです。

なぜなら、真我を二番目に
できないからです。

真我は神の心であり、
永遠の心だから死なないのです。

だから真我を一番にした時に、
生命力が働いて本当に
新品仕上げに戻してくれるのです。

過去にしたけがや病気も
全部治っているはずです。

そういうことです。

真我を徹底的に
一番にすることです。


真我の実践
真我の和解
真我の拡散
真我の降臨

を唱えることで、
あなたの運命が好転していくのです。

ありがとうございました。

メールマガジン登録

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ