唱えることが実践

おはようございます。

佐藤康行です。

 

本日は

「唱えることが実践」

というテーマでお伝えします。

私は「真我の実践」を唱えることを
おすすめしていますが、

本当は、正しく言うなら
そうではないのです。

心の中で「真我の実践」を唱えることが、
そのこと自体がもう行動なのです。

そうしたらあとは
自然と言葉が変わってきますし、
自然と行為も変わってくるのです。

だから、ただひたすら
「真我の実践」を唱えてください。

一日、何千回、何万回と
唱える気持ちでやってください。

もう、それが真我の実践です。
唱えることが実践です。

そうすると、自然と変化している
自分に気づくはずです。

毎日やるのです。

忘れそうになったら紙に書いて
壁に貼っておいても良いでしょう。

財布に入れて使うたびに
見たら良いのです。

どんな人でも自分の心が
一番の難敵です。

だから、それを制覇した人が
一番偉い人ということになるのです。

頭の使い方はわかるけれど、
心の使い方はわからない人が多いのです。


真我の実践
真我の和解
真我の拡散
真我の降臨

を唱えることで、
あなたの運命が好転していくのです。

ありがとうございました。

メールマガジン登録

真我太陽のカウンセリング

このページの先頭へ