不調和な心が現象面に出たときに、癌があらわれる

20180412%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%abfb%e8%a8%98%e4%ba%8b

フィルムとスクリーンの話はよくしますよね。

フィルムというのは心の状態のことを言います。

スクリーンというのは現象面と肉体に現れてる面も含めてです。

フィルムというのは心だから、何が書かれているかによって、スクリーンに映るものが変わるわけです。

このフィルムに大変不調和な心の闇を持っていたとしたら、スクリーンに映る姿も同じように映るわけです。

癌に例えるなら、フィルムは心と肉体に表す元のもとなわけです。

ここに癌という木があったとすると、心というフィルムから栄養分を吸い取るわけです。

癌もスクリーンです。

不調和な心の栄養分を吸い取ると、この癌の増殖がスピードアップする。速まるわけです。

この不調和な心が肉体に、現象面に現れてます。

今の現代医療はレントゲンやMRIで見るのは、スクリーンのほうです。

不調和な心というフイルムは見えません。

今度一緒に、12月1日に講演会をやる帯津先生も、このフイルムのことを「心のゴミ」と言っています。だから、「心の掃除をやった方がいい」と彼も言ってます。

私も前から「心のゴミ」と言ってるでしょう? これをきれいに掃除しなきゃ、また、癌がるクリーンに出てきます。

では、どのように掃除するのか。ほうきで掃除するのか、ふきんで拭くのか。

どうやって根っこから消すのか。

根っこがなくなったら、癌の木は間もなく枯れてなくなりますよね。

結論をいえば、フィルムを書き換えることが大事だということです。

そうした時にスクリーンに映る姿、すなわち癌が消えていくのです。

【緊急動画】新型コロナウイルス感染症から自分を守る免疫力!人間には無限の免疫力がある



【毎日8時更新中!本日の公式YouTube】


このページの先頭へ