佐藤康行の「美点発見」が学校教育の現場へ

978-4-7619-2644-1

高等学校での「美点発見」による学校経営の取組が書籍で紹介されました。

第16回学事出版教育文化賞(最優秀)を受賞された、四国の高等学校の「美点発見」による「愛と感謝の学校経営」(平成29年度・30年度)の取組が、令和2年、『「学校ver.3.0」時代のスクールマネジメント』(学事出版)で紹介されました。

タイトルは「諸課題を乗り越え、自他肯定感を育む指導~『引き出す教育』で生徒の無限の可能性を開花させる~」です。

この取組は、すでに『校長の実践的学校経営論―54人の校長が考え実践したことー』(学事出版)、月刊『生徒指導』2019年7月号(学事出版)、月刊『教職研修』同8月号(教育開発研究所)等でも紹介されています。

このページの先頭へ