1月 今月の言葉「太陽のカウンセリング」/佐藤康行

yasuyukisato

真我のカウンセリングを完全に自分のものにしたら、大変凄いです。商売は繁盛し、目の前にいるうつ病のひと人も、バタバタ治せるようになります。人間関係は、すぐに最高になります。決して病気を治すとか、悩んでいる人を何とかするというレベルではないのです。

どっちが救われているのかわからなくなります。真我だから、みんな神だから、五分と五分なのです。救う人と、救われる人がいるのではない。みんな救っているようで救われているし、救われているようで救っている。そういう感じのカウンセリングです。

真我開発講座も、ある意味ではカウンセリングと言ってもいいでしょう。「真我」、「本当の自分」に目覚める。「神」に目覚める。

人間関係がうまくいかないだとか、病になるのも全部、自尊心を満たされないからです。自尊心が満たされないと、人間は悩みが始まるわけです。自尊心、自分で自分を尊敬する気持ち、自分を自分で愛する気持ち、そういう気持ちが出てくると余裕が出てくるから、人の助けにもなろうと思えてきます。

商売だって何だってそうなんですよ。みんなお金を何かに払うというのはなにか自分を満足させたい、自分の欲求を満たしたい、まさに自分の自尊心を満たしたいということなのです。これはすべてに応用できます。できないことはないのです。なぜなら、相手は全員人間だから。なにをやっても全部人間だから。

たぶんこれは世界にないでしょうけど、太陽のカウンセリングというものを編み出しました。「太陽のカウンセリング」、名前がすごいでしょう? これを聞いただけでスカッとしそうでしょう? 本当にそうなるのです。

みんなスカッとして、悩みが雲が散らすようにスーッと消えていくカウンセリングです。スーッと曇りが消えて行ったら、太陽が出てきて、太陽の心で判断したら何事も正しい、良い判断になる。

皆さん、空を見上げたら、太陽があって、雲があって、月があって、星があるでしょう? 私たちの中にも、逆に自分の中にも宇宙があると思ってください。あなたの中にも宇宙がある。だから、あなたの中に太陽がある。あなたの中に雲がある。

「心がくもる」と言うでしょう? くもるとは「落ち込んだ。モヤモヤする。イライラする。不安だ、心配だ。先が見えない。夢を持てない。人を好きになれない。成功するとは思えない。幸せになるとは思えない」という想いです。

もちろん、そんな想いは誰も良いと思っていない。思っていないけれど、そういう想いで、どうにもならないものです。寝ても悪夢しか見ない。不安で心配でなかなか寝られません。

その意味でお酒がたくさん売れるのでしょうし、薬物依存症になる人もいるのでしょう。依存症をつくるような会社は儲かるかもしれないけど、私たち人間にとっては良いことではありません。自分たちで全部解決できて、物事の正しい判断ができて、やることなすこと百発百中でうまくいくようになったら、凄いでしょう?

なれるんですよ!

みなさんが何か行動したり、何か口を開いたら、それがまたすべてうまくいくようになる。そこから素晴らしい展開になっていく。十分なれるのです。

よろしいですか? 私は「真我」を、あなたの「神」を太陽に例えています。太陽があって、黒い雲があるとする。黒い雲は、暗く、後ろ向きで人を恨んで憎んで、ネガティブな心。こちらの白い雲というのは、ポジティブな心、明るい心、幸せな心。

みんな、この白い雲になりたいと思う。だから、黒い雲は白い雲に嫉妬する。自分はなれないから。白い雲は黒い雲に優越感を持つ。見下す。「あいつはなっていない。ダメだ」と。でも、黒い雲も白い雲も、どちらも太陽ではないわけです。

あなたが太陽に気付いたら、今度は雲を俯瞰できるようになるわけです。雲さえも見下ろすわけです。そして、雲から下に突き抜けます。そうしたら、黒い雲の方が先にザーッと雨として降るわけです。

白い雲は残ったままで、黒い雲は重いから落ちてくるわけですが、これを好転反応と言います。だから、悩んでいる人を黒い雲だとしたら、早く太陽に気付きやすいのです。

みんな全部、白い雲の方が良いと思っているわけですが、でも「真我」、「太陽」から見たら、むしろ黒い雲の方が悟りやすいということです。そして、ザーッと雨が降って、その雨はこの地球上の人間をはじめ色々な生命体を潤していきます。その雨が無ければ、その生物は生き残っていけないわけです。

「太陽のカウンセリング」では、この「太陽」にだけアクセスして、そして次元を上げていく。そして次元を上げ、下を見下ろすようになると、色々な問題点が消えていくわけです。自動的に、この雲の心がサーっと晴れていくわけです。

「太陽」、つまり「真我」に目覚めていったら、心は幻だということがわかります。夢だとわかるのです。夢は、目が覚めた瞬間にパッと消えるでしょう。東京日本橋兜町のYSカウンセリングセンターで、世の中のどんなことでも解決できる。YSカウンセリングセンターが、そういう場所になっていきます。

 

%e7%9c%9f%e6%88%91%e6%9b%b8%e5%bd%b12

佐藤康行著書 『真我』シリーズ第一巻

『真我』

\1,300(税抜)

このページの先頭へ