図解・神のメッセージ 「神からすべてを見る」

イラストでさらにわかりやすく!
佐藤康行が解説する 図解・神のメッセージ

テーマ:「神からすべてを見る

宗教の教義は一般的に、悩んだり苦しんだりした人が、その波だった不完全な自分から、完全なる神を見ようとする。

しかし、不完全から完全を見ようとすると、完全なものまで不完全に捉えてしまうのだ。

山も低いところから見ると、部分の風景しか見えない。高く上るとそれだけ広く全体が見える。

意識も、その一番高いところから見るのである。一番高い意識とは、神意識、宇宙意識である。

その完全な意識で不完全と捉えていたものを見ると、不完全と捉えていたものの完全さが一瞬でみえるのである。

「この空間」というのは、あなたの家でもあるが、日本でもあるし、地球でもある、そして、宇宙でもある。

空間的な全体から捉えていくと全ての完全さが見えるのである。

真我は神意識である。神から全てを見たとき全てが完全な愛だとわかるのである。

・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

今回の図の解説は、こちらの佐藤学長の本に掲載されています。
また、他にもたくさんの図解が載っていますので、ぜひ手に取ってご覧ください。
図解 神のメッセージ2 表紙
図解『神のメッセージ2』
著:佐藤康行  発行:日新報道
1,500円(+税)

◆ネットショップ「アイジーエー出版ストア」本書を販売しています!

◆お求めは、アイジーエー出版までご連絡ください。(送料・振込手数料は別途)
TEL:03-5962-3745 FAX:03-5962-3748 Mail:info@igajapan.co.jp

このページの先頭へ