佐藤 康行

佐藤 康行 Yasuyuki Sato

1951 年、北海道美唄市生まれ
心の学校グループ創始者15歳で単身上京、飲食店経営者になる夢を抱き、皿洗いからセールスマンに転身、教材のセールスでは世界トップの実績を持つ。1980年、「ステーキのくいしんぼ」を創業。「世界初の立ち食いステーキ」を考案し、8年で年商50億円(70店舗)を達成。

その後経営権を譲渡、これまでの経験をベースに心の専門家として1991年に「心の学校」を創立、約30年にわたり「本当の自分=真我」に目覚めることを伝え続けてきた。2014年、東京八重洲に心療内科・精神科の「YSこころのクリニック」を開院、うつ病治療では90日以内の寛解率が90%以上という医療の常識をくつがえす成果を上げている。

研修指導の主要実績は、ANA、明治安田生命、高校野球優勝校、プロボクサー日本チャンピオン、力士など幅広く、これまでグループ全体で38万人以上の人生を劇的に好転させてきた実績がある。国会議員や上場企業の経営者などからの信頼も厚く、政財界に大きな影響を与えてきた。

主な著書に『満月の法則』(サンマーク出版)、『仕事で心が折れそうになったら読む本』(PHP研究所)、『過去は自由に変えられる』(産経新聞出版)、『お金の不安が消える本』(KADOKAWA)、『ダイヤモンド・セルフ』(アイジーエー出版)『真我』(アイジーエー出版)などがある。著書は150冊以上(電子書籍含む)。

このページの先頭へ